ミニマリスト三昧

夫と死別した50代ミニマリスト。無駄なものをそぎ落としたシンプルライフを目指しています。

田舎暮らしに憧れたきっかけ!ターシャ・テューダーさんとベニシアさん。

私は20年近く前からガーデニングが趣味で、田舎暮らしの経験もあります。

近々高知に引越して、田舎暮らしを再開する予定です。

田舎暮らしに興味を持ったきっかけは、有名なある2人の先輩。

それはターシャ・テューダーさんと、ベニシア・スタンリー・スミスさん。

今日は私がお2人に憧れる理由について、ご紹介させていただきます。

ガーデニングを始めたきっかけ

f:id:ohitorisamazanmai:20200626174925j:plain

私は20年ほど前に、ガーデニングを始めました。

当時はガーデニングブームだったことと、母が花好きだった影響かなと。

田舎にある実家は庭がそれなりに広く、敷地内に畑もありました。

物心ついた頃には、庭や畑だけでなくベランダにも母の育てる花が溢れる状態。

若い頃は全く興味がなかったのですが、突然目覚めたんですね。

歳をとって母と同じ趣味を始めたのですから、不思議なものです。

ガーデニングに興味を持った直接のきっかけは、最初の夫が一戸建てを購入したこと。

それまでは借家や賃貸のマンション暮らしで、思うように花を育てられませんでした。

持ち家の庭は猫の額ほどでしたが、植物を植えてみようかなと。

最初に植えたのは何か忘れましたが、とにかく花だった記憶があります。

それからはどっぷりガーデニングにはまり、バラやハーブも育てるように。

花の間にトマトなども増えて、ミニ家庭菜園も開始。

毎日が楽しくて仕方ありませんでした。

田舎暮らしで大きな影響を受けたターシャ・テューダーさんとベニシア・スタンリー・スミスさん

田舎で生まれ育った私ですが、若い頃は田舎暮らしに興味がありませんでした。

田舎暮らしに興味を持つようになったのは、2人の女性がきっかけ。

ターシャ・テューダーさんと、ベニシア・スタンリー・スミスさんです。

ご存じの方も多いのではないでしょうか。

それぞれお二人に対する私の思いを、ご紹介させていただきます。

1、ターシャ・テューダーさん

f:id:ohitorisamazanmai:20200627144113j:plain

私がガーデニングを始めたのは、ちょうどガーデニングブームの最中。

当時仲のよかった友人もガーデニングが趣味で、ターシャ・テューダーさんのことを教えてくれた気がします。

ターシャ・テューダーさんは、アメリカの有名な絵本作家。

バーモント州の田舎に広大な土地を購入して、19世紀の開拓時代の生活を自ら再現しました。

19世紀当時の服を着て、蜜蝋でろうそくを作り、手作業でりんごジュースを絞る暮らし。

手間はかかっても、丁寧な暮らしに憧れました。

 

ターシャさんはシングルマザーで、絵本を描きながら4人のお子さんを女手一つで育てあげました。

子育て時代は子供たちと人形作りをするなど、常に注目の的だったターシャさん。

国内外で大変人気があり、絵本なども多数出版。

日本では、NHKで度々特集が組まれたほど。

 

ターシャさんのガーデニングへの情熱は、高齢になっても衰えなかったようです。

広大な土地の管理は大変だったようですが、花に囲まれた暮らしはまるで楽園。

テレビで印象的だったのが、80代の頃だったかバラの専門家になりたいとターシャさんが話していたこと。

いくつになっても目標を持つ姿に、感動しました。

 

残念ながら、ターシャさんは2008年に92歳で他界。

NHKで追悼番組が放送され、私も拝見しました。

ターシャさんの住んでいた家は、お孫さんが管理されているようです。

見学できるようなら、ぜひ行ってみたいですね。

   

ベルやヘンリー・ソローとも親交のあった、上流階級出身のターシャさん。

田舎暮らしを選び自分の意思を貫いた生き方は、大いに見習いたいものです。

 

先ほどのご著書は美しい画像が満載で、ターシャさんの暮らしぶりがよくわかる1冊です。

よろしかったら、ぜひ覗いてみてください。

 ニューイングランドの四季 ターシャ・テューダーの世界

2、ベニシア・スタンリー・スミスさん

f:id:ohitorisamazanmai:20200627142927j:plain

NHKのホームページからお借りしました

もうお1人かなり影響を受けたのが、ベニシア・スタンリー・スミスさん。

NHKの「猫のしっぽ カエルの手」という番組で知りました。

 

ベニシアさんはイギリス貴族の出身で、現在京都にお住まいです。

イギリスの貴族社会に疑問を感じて、世界中を旅したベニシアさん。

最終的に日本にたどり着きました。

一時期は、岡山県倉敷市にもお住まいだったとか。

その後京都に移り、40年近く京都で英会話スクールを主宰。

1996年から大原の古民家暮らしを始めます。

ベニシアさんのお宅は一般的な広さの庭ですが、いくつかのテーマに分けて管理。

確か、スパニッシュガーデンやハーブガーデンなどがあったような。

広くない庭を有効に使う技は、お手本でした。

楽しそうに植物のお世話をされるベニシアさんを拝見するたびに、私もガーデニングがしたくなったものです。

 

私が特にベニシアさんに惹かれたのは、ハーブの使い方が上手なこと。

自家製ハーブを使って家中を磨き、料理やお茶、コスメにも活用。

ハーブ好きな私には、真似したい使い方がたくさんあります。

 

植物のお手入れはプロの友人に相談して、いつもきれいに管理されています。

やはり自己流でするより、プロに聞いたほうが確実ですね。

またベニシアさんは、友人作りがとてもお上手。

すぐに誰とでも仲良くなるようです。

社交的な面も見習いたいものです。

山岳写真家のご主人と一緒に近所を散策される様子も、素敵でした。

 

現在69歳のベニシアさん。

テレビ番組はレギュラーではなくなりましたが、時折特別版が放送されます。

いつまでもお元気で、田舎暮らしを満喫していただきたいと思います。

 

こちらは、私が欲しいと思っているベニシアさんのご著書です。

近々購入して、ハーブを使いこなせるようになりたいですね。

ベニシアのハーブ便り ― 京都・大原の古民家暮らし Venetia's Ohara Herb Diary 

 

お手数ですが、押していただけたらうれしいです♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ  

最後に

田舎出身の私ですが、田舎暮らしに憧れたきっかけは有名なお2人の女性でした。

私は近々高知に引越して、もうすぐ田舎暮らしを再開します。

お2人のことを改めて勉強させていただき、生活に生かすつもりです。

高知へ引越すのが、今から楽しみです。