ミニマリスト三昧

夫と死別した50代ミニマリスト。無駄なものをそぎ落としたシンプルライフを目指しています。

節約はお金の浪費タイプを知ることから!5つのやめるべき無駄使いとは?

昨年10月に消費税が10%に上がり、ますます節約に励む方も多いのでは。

私もできるだけ節約に努めていますが、まずは浪費をなくすのが大事だと思っています。

最近、浪費には人それぞれ決まったタイプがあることに、気づきました。

私の体験から気づいたのは5種類。

これがすべての方に当てはまるとは思いませんが、少しでも参考にしていただければと思い、ご紹介させていただきます。

5つの浪費タイプを知っていると節約になるかも

f:id:ohitorisamazanmai:20200125115735p:plain

私はミニマルな暮らしをするようになってから、お金の無駄使いが減った気がしています。

それはどうしてだろうと考えたら、過去の浪費癖をやめたからだと気づいたんですね。 

自分が浪費しやすいパターンを知れば、それを避ければいいだけ。

今思うとお恥ずかしいのですが、私は過去に無駄使いを繰り返してきました。

今日は、そんな私の経験から気づいた浪費タイプを、5つご紹介したいと思います。

1、衝動買い

f:id:ohitorisamazanmai:20200125115401j:plain

節約のために誰でも思いつくのは、衝動買いしないということではないでしょうか。

私の場合、過去に衝動買いしたものを、うまく生かせたことは少ないですね。

特に、セールで購入した服は、あまり着ないで手放したものも多数。

自分の服以上に無駄遣いだったなぁと思うのは、子供の服。

子供が小さかった頃、子供服のセールがあると毎回行っていました。

そのたびに、必ず何か買わずにはいられませんでした。

たまに何も買うものがなかったら、ひどくがっかりしたものです。

当時、子供服は短期間しか着ないので、セールのほうがお得だと思っていたんですね。

着切れないほど買い込んだ結果、すぐに小さくなりほとんど着なかった服も。

長女がまだ赤ちゃんの頃、実家の母が遊びに来たことがありました。

一緒に子供服のセールに行ったのですが、すぐに着られなくなるからあまり買わないほうがいいよ、と注意されたことがあります。

子供が成長するにつれて、母の言葉通りだったなと実感。

今思うと無駄遣いでしたが、1人で子育てしていたストレスを買い物で発散していたのかもしれません。

もちろん現在はミニマリストなので計画的に購入しており、 12枚の冬服で暮らしています。

エアークローゼットで婚活服もレンタルしているので、無駄な服を購入することはなくなりました。

2、外食が多い

f:id:ohitorisamazanmai:20200125122756p:plain

昔、家族4人で暮らしていた頃は、休日によく外食していました。

休日に出かけると帰ってから夕飯を作る気になれず、毎週のように外食なんてことも。

今思うと毎回でなくても、時々は家で夕食を作っていたら少しはお金が溜まったかもしれません。
外食を減らせば節約になるのは当然ですね。

現在は必要に迫られない限り、外食はしません。

   

3、ストックを買いすぎる

f:id:ohitorisamazanmai:20200125123348j:plain

再婚した夫と同居を始めた時にびっくりしたのが、ストックの多さです。

結婚当初、夫は小さな持ち家に住んでいました。

3畳ほどの部屋に洋服箪笥があり、横にトイレットペーパー、ティッシュペーパーも山積みの状態。

棚があっても置ききれずに、床にまで溢れていたほど。

足の踏み場もなくて、部屋の奥まで行くのが大変でした。

ペーパー類はいつか使うものですが、あまり多すぎても生活が不便になります。

ストックの収納スペースがあると、どうしても置きがちです。

それでも、ストックはできるだけ少ないほうが節約にもなると私は思います。

4、使いきれない量の食材を購入する

f:id:ohitorisamazanmai:20200125123634j:plain

専業主婦になりたての頃、レシピ本を見てはその都度、必要な食材を全部購入していました。

そうすると、どうしても使いきれなくて残ってしまうものが出てきます。

ニンジンや玉ねぎなどはしばらく置いても食べられますが、葉物野菜などはすぐにしんなりしますよね。

時々捨てていた記憶がおります。

それがもったいないと思い、1週間ほどの献立を考えて買い物に行っていた時期があります。

例えば、大根はふろふき大根にしても、1回では使い切れない場合があります。

それを見越して、残った大根を翌日けんちん汁にするなど、食材の使い回しを考えた献立を作っていたんですね。

慣れると献立を考えるのが楽しく、食材も無駄になることがかなり減りました。

たまたま献立を考える日にスーパーのチラシが入っていたら、安い食材で献立を考えたことも。

ただ、基本的にはスーパーのセールをあてにせず、定価で買っていました。

逆にそのほうが、無駄なものを買わずに済むと思います。 

5、寂しさを紛らわすためにお金を使う

f:id:ohitorisamazanmai:20200125124216j:plain

現在の私は、1~4のことはクリアできていると思います。

一人暮らしになって気づいたのは、寂しさが原因の無駄遣い

最近、寂しいからお金を使って気を紛らわせようとしていることに、気づくことがあります。

寂しいから何となくカフェに入って時間を潰したり、特に食べたいわけでもないおやつを買ったり。

カフェは大好きなので、カフェに入ってのんびりするのはいいと思います。

楽しい気持ちでお茶を飲むなら自分に許可しますが、寂しさを紛らわすために利用するのは、お金の無駄遣いだなぁと思うように。

おやつもその時積極的に食べたい訳でないなら、ただ体が重くなるだけ。

寂しさが原因だなと気づいたら、お金を使わずに気分転換するようになりました。

最近寂しいと感じた時は、近所を散歩したり音楽を聴いたりします。

寂しさをちゃんと意識するようになったのは、やはりミニマリストを目指してから。

自分の本当の気持ちと、向き合うようになったからだと思います。

おかげでかなり無駄使いが減りました。

もちろん寂しさを紛らわせるためにお金を使いたいなら、止めるつもりはありません。

 あくまで私個人の考えです。

 

今回、私の浪費タイプを5つご紹介しました。

皆様は5つのうち、当てはまるものはあったでしょうか。

よろしかったら節約の参考になさってみてください。

 

お手数ですが、押していただけると大変喜びます♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ  

最後に

振り返ってみると、かなりお金の無駄遣いをしていて、もったいなかったですね。

過去の反省をもとに、今後は上手に節約したいと思います。

この記事が少しでも皆様のお役に立てばうれしいです。