冴島唯月ブログ

50代のおひとりさまです。ミニマリストを目指して断捨離中。

洗面所とベランダを断捨離。引っ越し以来忘れ去られていた3つのものと今後の課題。

今日は洗面所ベランダ断捨離をしました。

そこで見つけたのは、引っ越し以来その存在を忘れていたものでした。

今回の断捨離で気づいた課題についても、ご紹介したいと思います。

洗面所の断捨離

私は昨年5月に今の部屋に引っ越してから、一通り洗面所の断捨離をしています。

また、洗面所は毎日使うものですよね。

なので、もう手放すものはないと思っていました。

ところが、やはり見慣れてしまうと気がつかないものです。

最近、洗面所を使っていてふと見つけた不用品が2つありました。

それはこちらの石けんとヘアオイルです。

f:id:ohitorisamazanmai:20190105100544j:plain

石けん

石けんが洗面所にあるのは当たり前ですよね。

私も洗面所には当然石けんを置くべきだと思っていました。

そういう思い込みから、引っ越し後も当たり前のように石けんを置いていました。

ところが、引っ越して7ヶ月経ちましたが、この石けんを使ったのは数えるほどしかありません。

そもそも石けんを使うほど手が汚れることがそんなに多くありません。

 また、すぐ右側にあるお風呂の中にも石けんがあります。

石けんが必要な時は、お風呂の石けんを使うことにしました。

お風呂の石けん自体も、4か月前から肌断食(はだだんじき)を始めて以来あまり使いません。

肌断食のことは、よろしかったらこちらの記事をご覧ください。 

www.yamanoyume.com

ほとんど使わない2個の石けんがすぐ近くにあるのは、ストレスを感じます。

さほど使わないながらも洗面所に比べればお風呂の方が使う頻度が高いので、お風呂の石けんを残すことにしました。

ヘアオイル

f:id:ohitorisamazanmai:20190105101704j:plain

こちらのヘアオイルは、1年ほど前に出先で必要に迫られて買い求めたものです。

髪がかなりパサついていることに出先で気づいて、びっくりして何かつけなければと思いました。

コスメキッチンと言うオーガニックの化粧品を扱っているお店で買った覚えがあります。

ヘアオイルはそれまで使ったことがなかったので、お店の方に相談しました。

ヴェレダというスイス製のヘアオイルで、ヨーロッパではとても人気が高いということでした。

実際に試してみて、とても髪に付けやすかったのと、ラベンダーの香りが気に入って購入しました。

家に帰ってからも使うつもりでしたが、そもそもヘアオイルをつける習慣がありません。

それで結局数えるほどしか使っていません。

また、1ヵ月ほど前から湯シャンを始めました。湯シャンというのは、シャンプーを使わないでお湯だけで髪の毛を洗うことです。

その話はよろしかったらこちらの記事をご覧ください。

www.yamanoyume.com
www.yamanoyume.com

私は肌断食と湯シャンを宇津木式で実践しています。

宇津木式ではヘアオイルは一切使わないので、このヘアオイルも使うのをやめることにしました。

おかげさまで湯シャンを始めてから1ヵ月余りが経ち、だいぶ髪のベタつきも収まってきました。

何もつけなくても充分髪がしっとりしています。

もうヘアオイルは使う必要がないと感じたので、手放すことにしました。

石けん置きは傷んできたので捨てるつもりですが、石けんはまだ使えるので予備に戻したいと思います。

ヘアオイルはまだ8割ほど残っているので、捨てるのはもったいないんですね。

近くに住む娘にいらないか、今聞いているところです。

いらないと言われたら、使いかけの化粧品を買い取ってくれるサイトを見つけたので、ダメもとで申し込んでみます。

ベランダの断捨離

洗面所と同時に、たまたまベランダの断捨離もしました。

ベランダには引っ越し以来何も置いていません。

洗濯ものは部屋干しにしているので、物干しの道具も一切ありません。

なので、片付けるものなどあるはずがないと思い込んでいました。

ところが、毎朝空気を入れ替えるためにベランダのサッシを開けたときのことです。

手放すべきものを見つけてしまいました。

サンダル

f:id:ohitorisamazanmai:20190105105107j:plain

それはサンダルでした。ベランダが汚れていますね💦後で掃除します。

ベランダに出ることが全くないので、すっかりその存在を忘れていました。

久しぶりによく見ると、すっかり日に焼けて傷んでいます。

これからもベランダに出る事はほとんどありません。

もしベランダに出ることがあれば、玄関にある同じタイプのサンダルで十分です。

この傷んだベランダのサンダルは手放しても大丈夫だと判断しました。

 石鹸置きとヘアオイル、サンダルは感謝して手放したいと思います。

今後の課題

今回の断捨離で、一人暮らしの狭い部屋でもまだまだ手放すものがあると感じました。

見慣れてしまうと不要であることがわからなくなります。

これは昨年の夏から断捨離を始めて以来、よく感じることです。

カレン・キングストンさんやミニマリストの筆子さんがおっしゃるように、旅行に出かけて帰ってくると新鮮な目で部屋の中を見渡すことができます。

それが日常的にできるようになればいいですね。

今後は日々新鮮な気持ちで部屋にある物を見る方法がないか考える必要があります。

もう少し模索してみたいと思います。

この記事が少しでも皆様のお役に立てばうれしいです。