ミニマリスト三昧

夫と死別した50代ミニマリスト。全捨離を実践して人生が変わってきました。

【夫と死別した女性必見】結婚詐欺に遭いかけた50代の恥ずかしい実話!

私は昨年夏から本格的に婚活を始めましたが、実はその1年前も少しだけ婚活したことがあります。

今となっては笑い話ですが、結婚詐欺に遭いかけたんですね。

その後も恋愛感情のない男性に言い寄られることが。

これは夫と死別したことが原因だと考えています。

今回、同じ目に遭う人を少しでも減らしたいと思い、思い切って恥ずかしい失敗談をお話することにしました。

よろしかったらお付き合いください。

婚活中に結婚詐欺に遭いかけた

f:id:ohitorisamazanmai:20200308095724p:plain

私は半年ほど前から、本格的に婚活を始めました。

ですが、事情があり婚活は現在休止中。

実はそのちょうど1年前にも、少しだけ婚活していた時期がありました。

その頃はまだ夫が亡くなって半年ほどの時期。

活動してみて、まだ自分の中で気持ちの整理ができていないことを痛感。

すぐに活動を休止しました。

自分の気持ちに気づくきっかけになったのは、結婚詐欺に遭いかけたこと。

その話は1年半前にこのブログにも書いたことがあるので、ご存知の読者さんもいらっしゃるのでは。

その後、恥ずかしくなって削除してしまいました。

なぜ今回また記事に書くつもりになったのかというと、その後も夫と死別したことを知ると寄ってくる男性がいたからです。

夫と死別して婚活している女性は少ないかもしれませんが、何かの参考になればと思い、再び記事にすることに。

それでは1年半前の結婚詐欺の話と、その後も男性が言い寄ってきた話をご紹介します。

夫と死別した私が結婚詐欺に遭いかけたこと

私はご存知の通り、2年ほど前に2人目の夫と死別しました。

5か月後に岡山から埼玉に引っ越して、娘にかなり婚活をすすめられたんですね。

慣れない暮らしで寂しかったこともあり、軽い気持ちでマッチングアプリに登録したことがあります。

f:id:ohitorisamazanmai:20200308082321p:plain

 

私は岡山市内に住んでいた時、1人目の夫と離婚。

すぐに婚活しようと思ったのですが、地方はアラフィフの婚活には大変厳しい状況。

当時岡山市内でも、アラフィフが参加できる婚活パーティーは全くない状態。

再婚した亡き夫とは職場結婚でした。

半年前に利用し始めたマッチングアプリでも、岡山県にお住まいの方はほとんど見かけなかったんですね。

逆に、大都市なら50代でも婚活のチャンスはたくさんあります。

引っ越し後にそのことを思い出し、早速目についた「Yahoo!パートナー」に登録。

(断っておきますが、この記事でYahoo!パートナーの批判をするつもりはありませんので、ご了承ください。)

埼玉に引っ越したおかげで、マッチングしたら会える可能性が出てきました。

マッチングアプリには様々な基本情報を掲載しますが、私は2人の夫とは離婚と死別。

どちらか1つしか選べないので、なんとなく死別を選択。

その後、さすが登録者が多いYahoo!パートナーだけあって、いいねが次々と付き始めました。

その中にイケメンで自称お金持ちの中国人が1人。

疑いながらもマッチングしたら、その相手がマメに連絡をくれる人でした。

1日最低1回、英語でのやり取りが始まりました。

 英語の勉強にもなると喜んでいた私。

毎朝きれいな花の画像と優しい言葉を送ってくる相手を疑いながらも、気分は良かったですね。

その後もずっと警戒しながらやり取りしていたら、ある時ボロが出ました。

その相手はしばらくイギリスに滞在するはずなのに、日本にいると言うことがあったんですね。

追求すると、しれっとイギリスにいるよというではありませんか。

そこで結婚詐欺を確信。

その後は自然消滅しました。

結婚詐欺に遭いかけたのは、おそらく私が大金を持っていると思われたから。

やり取り中に私が仕事を探す話をしたら、そんな必要あるの?という返事が来たことがありました。

そこから薄々結婚詐欺かもと気づいてはいたんですね。

セレブの外国人が日本のマッチングアプリで婚活するのはおかしい、と心のどこかで思っていましたから。

信用していなかったおかげで、なんとか結婚詐欺には遭わずにすみました。

   

死別と知ると寄ってくる男性たち

f:id:ohitorisamazanmai:20200308095845p:plain

その後、結婚詐欺に遭うことはありませんでした。

それは婚活パーティーでもマッチングアプリでも、独身の理由を離婚にしたから。

ただリアルに知り合う男性からは、なんらかの形でお金を当てにされた体験があります。

付き合ってもいないのに、荷物を置かせてほしいと言われたことが2回あるんですね。

1人はネット関係で知り合った人で、お互い恋愛感情はない方。

旅に出る暮らしがしたいから、預かり料は払うので荷物を預かってくれないかと。

結局、私が荷物を預かるほど広い部屋に引っ越せなかったので、その話は白紙に戻りました。

もう1人は、別のルートで知り合った整体師の男性。

趣味のことをする部屋が欲しいのだとか。

私が都内に引っ越したら、趣味の荷物を置かせてくれないかと言われました。

悪気はなさそうに見えましたが、この相手もお互いに恋愛感情はない関係。

結局私のお金目当てだなと思い、お断りしました。

 

お金が目的だとわかると心底がっかりします。

寄ってきた男性たちは私がお金持ちだと勝手に勘違いしたようですが、それはまったくの間違い。

一般的には夫と死別すると多額の保険金が入った、というイメージがあるのかもしれません。

それは保険の掛け金が高い場合の話。

私の夫は生活が楽ではなかったので、掛け金が安い保険しか加入していなかったんですね。

もちろん夫の死亡保険金は多少入りましたが、引っ越したらほとんど残らない状態。

具体的な貯金額の話をした訳でもないのに、勝手にお金を当てにされるなんて心外。

これは夫と死別した女性あるある、なのかもしれません。

死別した女性の皆様、くれぐれもお金目当ての男性にはご注意ください。

 

お手数ですが、押していただけたらうれしいです♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ

最後に

今日は私の恥ずかしい失敗談をさせていただきました。

書くかどうかしばらく悩みましたが、少しでもお役に立てばと思い、公開することにしました。

結婚詐欺は特に要注意です。

よろしかったら参考になさってください。