ミニマリスト三昧

夫と死別した50代ミニマリスト。丁寧な暮らしが目標です。

憧れのミニマリストさんが押した「いいね」に救われた不思議な話。

先日、有名なミニマリストさんのオフ会に申し込みました。

ギリギリで何とか間に合ったのは、なんと主催者のミニマリストさんが間違えて「いいね」を押してくれたおかげです。

普通ではありえないような絶妙なタイミングだったんですね。

今日はそんな不思議なお話をしたいと思います。

   

憧れのミニマリストさんが間違えて押した「いいね」

今年12月に開催される、あるミニマリストさんのオフ会に、ギリギリのタイミングで申し込みました。

そのミニマリストオフ会がある事は、告知された当日から知っていました。

参加したい気持ちはありましたが、なかなか勇気が出ずにずるずると先延ばしになっていたんですね。

その間、ずっと気になっていました。

そうこうしているうちに1週間近くが経過。

忘れかけていた頃、私はドミニック・ローホーさんの本についての記事を書きました。

私は記事をアップすると、必ず最初にツイッターでつぶやきます。

その日も記事をアップした直後に、ツイッターでツイート。

その後、アイフォンを開くとツイッターのアイコンに「1」という数字が。

何気なく開いてみると、「いいね」を押してくれた方のアイコンを見てびっくり!

なんと、私が参加したいと思っている、ミニマリストオフ会の主催者ではありませんか。
その方は憧れのミニマリストさんのお一人です。

ご迷惑がかかるといけないので、お名前は伏せさせていただきます。

f:id:ohitorisamazanmai:20191015183646p:plain

間違えて押した「いいね」のおかげでミニマリストオフ会に申し込めた

その方は最近フォローしたので、Twitter上でのお付き合いはありません。

それでも、かなりテンションが上がりました。

憧れのミニマリストさんが「いいね」を押してくれるなんて。

とその時、ミニマリストオフ会のことを思い出しました。

これはすぐに申し込まなくては。

申し込み方がよくわからずに少し時間がかかりましたが、何とかギリギリで申し込むことができました。

オフ会の受付の方によると、その日のうちに満席になってしまいそうとのこと。

ギリギリで滑り込みました。

その後もう一度憧れのミニマリストさんの「いいね」を確認したところ、何故か消えていました。

ちょっとがっかりしましたが、きっと間違えて押してしまったのでしょう。

それでも間違えて押してくれたおかげで、その方のミニマリストオフ会に申し込むことができました。

その日中に申し込まないと、満席になっていたかもしれないミニマリストオフ会。

主催者が絶妙のタイミングで押してくれた「いいね」。

これはかなりのグッドタイミングですよね。

もしかしたら、こんなタイミングの良さも全捨離や風水のおかげかもしれません。

12月のミニマリストオフ会が今から楽しみです。

 

お手数ですが、押していただけると大変喜びます♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ  

最後に

今回申し込んだミニマリストオフ会の主催者は、私の憧れのミニマリストさんです。

間違いとはいえ、「いいね」を押してくれたタイミングが絶妙でした。

ギリギリで申し込めたミニマリストオフ会。

今から2ヶ月後が楽しみで仕方ありません。

オフ会に参加した際は、ご報告させていただきますね。