ミニマリスト三昧

夫と死別した50代ミニマリスト。無駄なものをそぎ落としたシンプルライフを目指しています。

終の棲家を手に入れるまでは家に持ち込むものを厳選!孫の写真も断った。

私は最近まで持ち家に全く興味がなかったのですが、突然欲しいと思うようになりました。

そうなると、今後最低1回は引越すことに。

具体的な目標ができたことで、ますます持ち物を厳選する必要性を痛感。

先日娘がくれると言った、孫の写真も断りました。

50代ミニマリストが持ち家に引越すことを見据えて、できるだけ家にものを入れないことにした話をご紹介します。

娘が孫の写真を定期的にプリントしてくれる

私には孫が1人おり、もうすぐ2人目が産まれる予定です。

孫は現在近所に住んでいますが、出産時から今年7月までは私が遠方にいました。

たまにしか孫に会えない私のために、娘は写真を定期的に送ってくれました。

f:id:ohitorisamazanmai:20200905131735p:plain

写真代がかかるからいいのにと思ったら、紙おむつで貯めたポイントを使うのだとか。

ほぼ無料に近い額で、写真をプリントアウトできるのだそうです。

今後は孫の写真を断った3つの理由

f:id:ohitorisamazanmai:20200905123534j:plain

手元には、孫の誕生直後から1歳までのミニアルバムが5冊。

その後の分は、どうやら忘れていた様子。

現在2歳半過ぎの孫の写真を抜粋して、プリントしてくれるとの申し出がありました。

初孫でもあり大変可愛いのですが、写真は要らないと返事しました。

孫の写真を断った理由は、3つあります。

1、頻繁に会える

f:id:ohitorisamazanmai:20200905131503p:plain
まずは現在孫の近くに住んでいて、頻繁に会えるようになったこと。

今後、定期的に子守りをする約束もしています。

しょっちゅう会えるので、わざわざ写真を見なくてもいいかなと。

2、アプリでも孫の写真を見ることができる

以前離れていた時から使っている、アプリ「みてね」もまだ活用中。

f:id:ohitorisamazanmai:20200905132418p:plain

私と娘夫婦が、それぞれ孫の写真や動画をアプリにアップ。

3人は好きな時に、孫の写真を見ることができるというもの。

「みてね」は無料で利用できて、とても使いやすいアプリです。

このアプリがあれば、写真はもういらない気がします。

   

3、引越しを見据えてできるだけものを家に入れない

f:id:ohitorisamazanmai:20200905132943p:plain

3つ目は、持ち家が欲しいと思うようになったこと。

先日ショコラさんのご著書を拝読して、急に家を所有したくなったんですね。

50代後半という年齢になり、いつまでも賃貸暮らしでは何かと不安。

持ち家を持ったほうが、子供たちも安心するかなと。

また実家に帰って来やすくなるのでは。

今すぐ持ち家を購入できる状況ではありませんが、近い将来持ちたいと思っています。

 

となると、引越しは必然。

できるだけ身軽に、手間やお金をかけずに引越したいもの。

持ち物もあまり増やさないようにしたいなと。


持ち物を増やさないためには、家に入れるものを厳選する必要があると痛感。

孫の写真も、さしあたって必要性を感じないものです。

孫の写真は一旦家に入れてしまうと、なかなか手放しにくいはず。

家に入れないことが重要だと、気づきました。

同様に孫を預かる際に必要なものも、できるだけ購入はミニマルにしたいなと。

とはいっても先日は、孫用のバスタオルとハンドタオルを購入しました。

f:id:ohitorisamazanmai:20200828114133j:plain

孫の母親である娘は、近々第二子を出産予定。

出産直後の娘の負担を減らすためにも、我が家に孫用のタオル類を常備するのは必要だと判断。

それ以外で追加購入する予定なのは、孫が来た時に使用する座布団くらい。

可愛い孫のためでも、極力家にものを入れないようにしています。

ミニマリストを目指したのは生前整理も大きな要因でしたが、最近は少ないもので暮らすのが快感に。

終の棲家を手に入れるという目標ができて、さらにミニマル化できそうな気配。

日々楽しみながら、持ち物の管理をしていきたいと思います。

 

お手数ですが、押していただけたらうれしいです♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ

最後に

孫の写真くらいあってもいいかも、という考えが浮かばなかったわけではありません。

それでもやはりあまり見そうもないものを持っているのは、無駄でしかないと判断。

孫には頻繁に会えるので、写真がなくても寂しくありません。

つい孫関連のものは何でも家に入れてしまいがちですが、心を鬼にして厳選したいと思います。