ミニマリスト三昧

夫と死別した50代ミニマリスト。無駄なものをそぎ落としたシンプルライフを目指しています。

パーソナルカラー診断がミニマリズムを加速させた?母の呪縛からも解放!

私は昨年4月に、初めてパーソナルカラー診断骨格診断を受けました。

最近気づいたのは、どちらも私がミニマリストになる後押しをしてくれたこと。

パーソナルカラー診断については、思いがけず母の呪縛から解放されたとも感じています。

服の色に関する母から受けていた影響を、いつの間にか手放すことができたなと。

今回パーソナルカラー&骨格診断が私に与えた影響について、ご紹介します。

パーソナルカラー診断がミニマリズムを加速させた

f:id:ohitorisamazanmai:20200901122142j:plain

私は昨年4月に、パーソナルカラー&骨格診断を受けました。

パーソナルカラー&骨格診断を受けたいと思ったのは、ずっと自分に似合う服が知りたかったから。

 

私がミニマリストを目指し始めたのは、一昨年の6月。

とりあえず服の数は一気に減りましたが、手持ち服が似合うかどうか自信がなかったんですね。

50数年間で服を選ぶ基準といえば、見た目と着心地が気に入ったら購入するというもの。

気に入った服ではありますが、必ずしも似合うとは限らないなと。

50代になって、ますます似合う服がわからなくなっていました。

思い切って似合う服を、プロに診断してもらいたいと思うように。

 

昨年4月に都内でパーソナルカラー&骨格診断をされている方に、診断していただきました。

診断結果は、パーソナルカラーが「サマー」、骨格診断が「ウェーブ」寄りの「ナチュラル」。

診断直後の買い物では少々失敗もしましたが、それでもやはり自分に似合う服のタイプがわかっていると安心です。


最近になって、2つの診断に関して気づいたことがあります。

パーソナルカラー&骨格診断が、ミニマリストになる背中を押してくれたなと。

ミニマリストというのは、自分にとって必要最低限のもので快適に暮らす人。

パーソナルカラー&骨格診断を受けるまでは、腹の数は必要最低限でした。

ただ似合うかどうかは自信がなかったので、ある意味快適とは言えなかったなと。

 

2つの診断を受けた後は、自分に似合う服しか選ばなくなりました。

長年自分に似合う服が着たいと思っていた私にとって、2つの診断は必須だったと痛感。

服の買い物で失敗することが格段に減り、私なりにおしゃれを楽しめていると感じています。

今年の夏服は全部で10枚でしたが、全て自分に似合う色とデザインのものをチョイス。

f:id:ohitorisamazanmai:20200901123606j:plain

似合っているはずだと思うと、それだけで自信を持てます。

自分なりのおしゃれが楽しめて、2つの診断を受けたのはとても有益だったなと。

ミニマルな服でおしゃれを楽しみたい方には、パーソナルカラー&骨格診断をぜひおすすめします。

   

パーソナルカラー診断で母の呪縛から解放されたこと

f:id:ohitorisamazanmai:20200901123756j:plain

最近もう一つ感じたのは、パーソナルカラー診断に関すること。

私はブルーベースの「サマー」で、似合うのは青や青みがかった色が多いんですね。

実は診断を受ける前は、あまり選ばなかった色です。

 

というのも知らず知らずのうちに母から受けていた影響が大きかったことに、最近気づいたんですね。

母は明るい性格で、赤や濃いピンクなどの目立つ色が好きでした。

f:id:ohitorisamazanmai:20200901130013j:plain

私が学生時代地味な色の服を着ていると、もっと明るい色の服を着たらとよく言われたものです。

母に認められるためには、私も赤系の色を着なければと無意識に思っていたようです。

 

おそらく母自身は、赤系の服を着るのが楽しかったはず。

一方私はあまり目立つのが好きではなかったので、派手な色には苦手意識がありました。

と言いつつ、服を選ぶたびにやはり母のすすめた明るい色が頭にちらついていたなぁと。

無意識のうちにプレッシャーを感じていた自分に、苦笑いすることもしばしば。

 

パーソナルカラー診断を受けてからは、「サマー」に似合う青系の服も堂々と選べるようになりました。

f:id:ohitorisamazanmai:20200901211410j:plain

 

赤系の服が着たいと思うことはあまりなく、あったとしてもせいぜいピンクくらい。

以前は服を選ぶたびに、ちらついていた母の呪縛。

最近は全く浮かばないことに気づきました。

おかげで、ストレスもかなり減ったと実感しています。

母と一緒で赤系の服が好きなら問題ないのですが、あいにく私の場合は苦手。

50数年間受けていた影響を、パーソナルカラー診断のおかげでやっと手放すことができました。

母の呪縛という表現をしましたが、母に悪気があった訳でないことは重々承知です。

母が意見を押し付けたわけでもありません。

私が勝手に思い込んでいただけ。

それでも母親というのは、娘にとって多大な影響を及ぼす存在。

いつの間にか、体に染み付いていることも多々あります。

パーソナルカラー診断のおかげで、やっと自らにかけていた呪いから解き放たれた。

そんな気がしました。

 

お手数ですが、押していただけたらうれしいです♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ  

最後に

パーソナルカラー&骨格診断を受けて、本当に良かったと感じています。

ミニマルな服で暮らしていても、似合う服ばかりなので毎日が快適。

無意識に感じていたプレッシャーも、手放すことができました。

パーソナルカラー診断の思いがけない効果に、自分でも驚いています。

よろしかったら、ぜひ皆様も一度受診なさってみてください。