冴島唯月ブログ

50代のおひとりさまです。ミニマリストを目指して断捨離中。

ミニマリストを目指して不用品を「断」。買わずに済んだ服とは?

私は昨年の夏からミニマリストを目指しています。

そのおかげで、以前なら購入していたを買わずに済みました。

断捨離の「断」ができたと思っています。

今日はそのお話をしたいと思います。

   

ミニマリストになりたい

私がミニマリストになりたいと思ったのは、昨年の夏です。

ミニマリストというのは、必要最低限のお気に入りに囲まれて快適に暮らす人のことです。

私はこれまで10回以上引っ越しても、それなりに不要なものを持っていました。

昨年夏にミニマリストを意識して以来、断捨離を続けてやっと不要なものが減ってきたところです。

まだ少し不要品がありますが、あと一息といったところでしょうか。

私がミニマリストになりたい理由については、よろしかったらこちらの記事をご覧ください。 

www.yamanoyume.com

買わずに済んだもの

私は必要最低限のもので暮らすことを目指しているので、できるだけものを増やさないことにしています。

なので、何か手に入れる時はじっくり考えます。

今回買わずに済んだものは整体治療用のパンツです。

その整体治療用のパンツを購入しようとした理由をお話します。

手放した服

最近、整体治療の際に着用していたこちらのストレッチパンツを手放しました。

f:id:ohitorisamazanmai:20190414124121j:plain
 ストレッチパンツなので、治療中も裾を上げたりする際にとても便利でした。

ですが、だいぶ傷んできたので手放したんですね。

手放す時は何か代わりのものを購入するつもりでしたが、具体的には考えていなくて数日後の治療までに購入できませんでした。

しかたなくデニムを履いていきました。

デニムは伸びないので、整体治療にはあまり向かないんですよね💦

先生には申し訳なかったのですが、何とか治療はできました。

治療後、トレーニングパンツを購入しようと思いつきました。

伸縮性があるパンツのほうが便利だと思ったんですね。

近日中に買いに行くつもりでした。

整体治療に着られる手持ち服

夜になってふっと手持ちの服で間に合うかもしれないと気づきました。

それはこちらのスエットパンツです。

f:id:ohitorisamazanmai:20190417110610j:plain

ユニクロ製でとても履きやすく、パジャマがわりに時々着ています。

先日、整体治療に行った時には、ちょうど洗濯していて履くことができませんでした。

それでデニムを履いて行ったんですね。

こちらは裾が細いのですが、何といってもスエット素材です。

デニムより生地が柔らかいので、こちらの方が向いている気がします。

以前からこのスエットパンツを履いて行こうかどうしようか迷っていましたが、一度試してみます。

大丈夫な気がするので、新しい整体用パンツは購入しないことにしました。

ミニマリストになるために

このように、新しい整体治療専用のパンツは買わずに済みました。

ミニマリストになるためには、用途が限られるものはできるだけ持ちたくないんですね。

詳しい話はよろしかったらこちらの記事をご覧ください。

www.yamanoyume.com

今回購入しなかったトレーニングパンツは、家で履こうとは思いません。

それは部屋着と外着を分けない取り組みをしているからです。

その話もよろしかったらこちらの記事をご覧ください。

www.yamanoyume.com

トレーニングパンツを外着にしないので、着るのは整体治療やエクササイズなどに限られます。

あまり使用頻度が高くないものはできるだけ持ちたくありません。

今回パンツ1枚でも増えずに済んでよかったと胸をなでおろしています。

何か購入しようという時に手持ちのもので済まないか、チェックすることは大事です。

私のように買わずに済むかもしれません。

よろしかったら検討なさってみてください。

お手数をおかけしますが、押していただけるとうれしいです♪

にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ  

最後に

今回、私はトレーニングパンツを買わない、という決断をしました。

汎用性の低い服はできるだけ持ちたくないので、ささやかな事ですが満足しています。

このように不要なものを家に入れない断捨離の「断」はとても重要です。

今後も気にかけながら断捨離していきたいと思います。

将来、スポーツジムに入会でもすれば購入するかもしれませんが、今は必要ないんですね。

私は「今」自分がどう思うか、にフォーカスして判断していきたいとも考えています。

よろしかったら参考になさってください。