冴島唯月ブログ

50代のおひとりさまです。ミニマリストを目指して断捨離中。

ミニマリストの娘から学んだ、断捨離の3つのコツ。

私の次女はミニマリストですが、私が娘から学んだ断捨離のコツが3つがあります。

今日はそのご紹介をしたいと思います。

   

ミニマリストの次女のこと

私の次女は20代後半ですが、18歳で大学進学のために家を出てからはずっと一人暮らしです。

娘は美術系の仕事をしているので、仕事の道具が結構あるんですよね。

それでも6畳一間の狭い部屋はすっきり片付いています。

そんな娘がミニマリストだと気づいたのは、昨年の6月のことです。

私が埼玉に引っ越してきて、部屋の片付けを娘が手伝ってくれたんですね。

その様子は記事に書いていますので、よろしかったらこちらをご覧ください。 

www.yamanoyume.com

娘から学んだ断捨離の3つのコツ

その娘と昨年6月からひんぱんに会うようになって、断捨離に関して学んだことが3つあります。

順にお話しますね。

1)持ち物を厳選する

まず最初は、持ち物を厳選するということです。

これは断捨離の「断」に通じます。

娘のそのこだわりを知ったきっかけは、こちらの密閉容器です。

f:id:ohitorisamazanmai:20190310111318j:plain

以前、娘の部屋に泊まった時に梅干しを入れる容器がなかったので、近所のスーパーで買いました。

ですが、娘のお眼鏡にかなわなかったようです。

なんで勝手に買ったのと叱られ、結局娘が引っ越す際に返されてしまいました。

まだその当時は娘の気持ちが理解できませんでした。

こんなに小さなものくらい置けるでしょう。こだわりがありすぎ、などと思っていましたが、そういうことではなかったんですね💦

厳選したものしか持ちたくなかった娘の気持ちが今ならよくわかります。

申し訳なかったなと反省しています。

また、私も娘にならって、手に入れるものは厳選したいと思っています。

2)収納スペースを決める

次は収納スペースを決めていることです。

娘の部屋は6畳一間なので仕方ない面もありますが、彼女は食器ならこのスペースだけ、と決めているようです。

昨年私が引っ越して以来、まだ不要なものがたくさんあって、その都度娘に要らないか聞いています。

多少はもらってくれますが、いらないと言われることの方が多いんですよね。

例えばこのお皿は、以前娘たちと暮らしていた時から使っているものです。 

f:id:ohitorisamazanmai:20190310160819j:plain

私は気に入っていましたが、6枚あったので2枚に減らそうと考えたんですね。

娘に残りの4枚を打診したところ、欲しいけれど収納する場所がないからいらない、という返事でした。

これは、たとえ欲しくても収納スペースがなければ家に入れない、ということです。

もちろん収納スペースがなければ置けないので、どうしても欲しかったら今持っているものを捨てるしかありません。

ですが、娘が持っているのは厳選したお気に入りばかりです。

その中に割り込むのはかなりハードルが高そうです。

私の場合、小さな食器棚に入るだけしか食器を持たないなど、気をつけています。

これに関連して、余分な収納スペースを作らないことが、不用品を減らすことにもつながると感じています。

よろしかったらこちらの記事もご覧ください。

www.yamanoyume.com

3)持ち物の数を決める

娘は持ち物の数を決めることも実践しています。

昨年6月、次女に手伝ってもらって断捨離したのですが、後で思い返してはっとしたのは、ハンカチを選んでいた時のことです。

私はハンカチを10枚くらい持っていましたが、娘は3枚あればいいよね、と言いました。

勤めにも行っていないのなら3枚あれば十分だそうです。

娘自身も家で仕事をしているので、経験上そういう結論になったのでしょう。

これは初め、かなり抵抗がありました。

お気に入りのハンカチが何枚もあったので、それを3枚に減らすのは至難の業だと思ったんですね。

ですが、よく見ると長年使ったものが多く、だいぶ傷んでいました。

それで、結局3枚だけ残すことができました。

また、数に関してはもう一つ印象に残ったことがあります。

娘は食器を1組かせいぜい2組しか持っていません。

私が埼玉に引っ越してきた際も、2組ずつあればいい、というアドバイスをもらいました。

それでお皿やティーカップなどの食器は2組ずつにしています。

小さくて場所をとらない小皿だけは5枚ずつ残しました。

f:id:ohitorisamazanmai:20190310175145j:plain

この経験から、不要なものを減らすには、数を決めてしまうのが有効だということを娘から学びました。

それを私は服にも応用しています。

冬のトップスを3着に決めると、とても楽で幸せ感が増すことに気がついたんですね。

詳しい話はよろしかったらこちらの記事をご覧ください。

www.yamanoyume.com

お手数をおかけしますが、押していただけるとうれしいです♪

にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ 

最後に

我が娘ながら、ミニマリストの次女からは学ぶことがたくさんあります。

家に入れるものは厳選することと収納スペースを決めること、持ち物の数を決めることとを今日はご紹介しました。

他にもまだあったかもしれませんが、思い出したらまたお話したいと思います。

この記事が少しでも皆様の断捨離のヒントになればうれしいです。