ミニマリスト三昧

夫と死別した50代ミニマリスト。無駄なものをそぎ落としたシンプルライフを目指しています。

ミニマリストになって食の満足度が劇的に向上!ベジタリアンより効果大。

私はゆるベジタリアンになってから10年以上経つのですが、最近食事情が急激に改善されたと痛感。

気がつけば、以前より生活に満足している自分がいました。 

これはミニマリストになったことが、かなり影響しているのでは。

ミニマリストというライフスタイルに出会えて、心底よかったと実感中です。

それでは最近食生活がより充実してきた話を、ご紹介したいと思います。

ミニマリスト以前の食に対する考え方 

f:id:ohitorisamazanmai:20200619113704p:plain

私は2年前にミニマリストを知り、片づけを始めました。

ミニマリストと言えるようになったのは、昨年末だと思っています。

全捨離のおかげで、やっとミニマルな量まで持ち物を減らすことができたかなと。

持ち物はもちろん必要最低限になったのですが、手放したのはそれだけではないんですね。

ストレスや思い込みもかなり手放すことができた、と感じています。

 

f:id:ohitorisamazanmai:20200619113811j:plain

実は最近大きく変わったと思うのが、食に関する考え方。

私はミニマリストになる過程で、手放した習慣が4つあります。

砂糖断ち、カフェイン断ち、湯シャン、肌断食です。

それ以外にも10年ほど前からゆるベジタリアンで、肉食をやめて化学調味料や合成着色料なども極力摂らない生活。

私にはこの食生活が合っていて、体調がかなり改善されました。

 

f:id:ohitorisamazanmai:20200619113930p:plain

それでも今思うと、不十分だったなと反省することがあります。

それはおやつに関すること。

私は、もともと果物やサツマイモなどが好きです。

それなのに体に良さそうなそういったおやつではなく、なぜか間に合わせのスナック菓子でお茶を濁していたなと。

テレビCMにつられて新商品を購入することも多く、踊らされていたことを実感。

 

時々食べるのはいいのですが、毎日のように食べるのはあまり体にいい影響はなかった気がします。

特に成長期の子供たちには、もっと果物や野菜のおやつを与えればよかったと反省。

子育てで後悔することはたくさんありますが、これもその1つ。

もう子供たちは成人したので、少しでも生かせるとしたら孫育てでしょうか。

 

f:id:ohitorisamazanmai:20200619114233j:plain

果物は結構高いイメージがあり、たまにしか買っていなかったもの。

当時は特にお金に困っていたわけでもなかったのに。

バナナなど一部の果物を除いて、お値段が高いからと避けていました。

冷静になればそうでもないのですが、思い込みとは恐ろしいものです。

 

確かに高めの果物もあることはあります。

マスカットなどは、スーパーでも高額なことが多いもの。

岡山県内の産直の店舗に行けば、地元消費用に安く販売されていることもありますが。

また私はブルーベリーも好きですが、生のブルーベリーも結構いいお値段では。

ちなみにブルーベリーは冷凍すると、栄養価が上がるのだとか。

特に増えるのは、アントシアニンやビタミンCだそうです。

私はコンビニで、よく冷凍のブルーベリーを購入しています。

 

話が逸れました。

そんな私でもゆるベジタリアンになってからは、おやつにも多少気を遣うようになりました。

ただ化学調味料の多いスナック菓子をあまり食べなくなった分、砂糖の入ったチョコレートやお菓子は毎日のように食べていたんですよね。

まだ食についての認識が甘かったとしか言えません。

   

ミニマリストになって変わった食べ物についての意識 

f:id:ohitorisamazanmai:20200619114348j:plain

ゆるベジタリアンになっても不十分だった食に関する認識が、なぜかミニマリストになって急に改まってきた感があります。

大きく変わったのは、食べたいものを食べることを徹底するようになったこと。

食べたいものを食べるのは当たり前じゃない?と思われるかもしれませんが、以前の私は無意識にブレーキをかけていた部分がありました。

心のどこかでは体にいいものや本当は食べたいと思うものに気づいていたのに、あえて見ないふりをしていたなと。

今となっては笑い話です。

 

f:id:ohitorisamazanmai:20200619114423j:plain

それはやはりお金の不安があったからかなと。

先ほどもご紹介したように私の単なる思い込みだったのですが、果物は高いからと避けていました。

お金の不安が大きかった時期は、むやみに節約しようとして失敗することも多かったですね。

自分の望む暮らしが明確でなかったのが、要因だった気がします。

 

ミニマリストになってからは徐々にですが、理想の暮らしがイメージできるようになってきました。

ミニマリストになってお金の不安も減りましたしね。 

その影響で、食に関しても大きな変化がありました。

可能な範囲内でできるだけ好きなものを食べるように、意識することが増えました。

最近は果物や焼き芋、ナッツなどをよく食べています。

 

それが裏目に出たのが、 コロナ自粛中のまとめ買い

まとめ買いすると、ピンポイントで食べたいものが食べられないことが増えたんですね。

自粛明けの現在は、また元通り毎日のようにスーパー通いをしています。

毎日食べたいものを食べられる幸せを、痛感しています。

ミニマリストになって食に関する満足度が上がった

f:id:ohitorisamazanmai:20200619115608j:plain

思うにゆるベジタリアンになっても、食生活に関する満足度はいまいちでした。

ミニマリストになって初めて、食だけでなく暮らし全般について快適のグレードが上がってきたと実感しています。

ミニマリストはものをミニマルにするだけでなく、暮らしから不要な習慣や考えまで排除できるライフスタイルなのかもしれません。

つくづくミニマリストというライフスタイルに出会えてラッキーだった、と感じる今日この頃です。

 

お手数ですが、押していただけたらうれしいです♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ  

最後に

ミニマリストというライフスタイルは、暮らし全般を大きく変えるパワーがあると感じます。

食生活もかなり快適になりました。

私の体験が、少しでも皆様のお役に立てばうれしいです。