冴島唯月ブログ

50代のおひとりさまです。ミニマリストを目指して断捨離中。

砂糖断ち中でもOKなジャムを発見!一押しの理由とは?

私は現在砂糖断ちをしています。

糖質制限ほどきびしくはないのですが、砂糖は完全に断っています。

そんな私でも食べられるジャムを見つけました。

もうご存知かもしれませんが、とてもよかったのでご紹介します。

 砂糖不使用のジャム

私が見つけたのは、アヲハタの「まるごと果実 ブルーベリー」です。

写真には写っていませんが、横に「砂糖不使用」とあります。

f:id:ohitorisamazanmai:20181018084233j:plain

数日前に大手スーパーでこのジャムを見つけました。

ラベルにはこのように表示されています。

f:id:ohitorisamazanmai:20181018085151j:plain

原材料名:ブルーベリー、りんご清澄濃縮果汁、レモン果汁、ゲル化剤(ペクチン)とあります。

ジャムでも砂糖不使用の物が出ているんですね。

ブルーベリーは目によさそうなので、思わず買ってしまいました。

食べた感想

まずは、そのまま食べてみました。

小皿に出すとこんな感じです。

f:id:ohitorisamazanmai:20181018085035j:plain

ブルーベリーの粒がゴロゴロ入っています。

ラベルには1瓶に約150粒分のブルーベリーが入っているとの表記が!

確かにウソではないようです。

食感も大きめのブルーベリーの歯ごたえです。

糖度が約33度と低めなので、味は砂糖入りに比べるとかなりさっぱりしています。

ブルーベリー本来の酸味がして、いくらでも食べられます。

砂糖が使われていなくても十分おいしいですね。

ジャムの甘さが苦手な方にはちょうどいいと思います。

砂糖特有の強い甘さがないので、最初は物足りないくらいかもしれません。

こうなるとパンかヨーグルトと一緒に食べたくなります。

今日は特別に皆様にお見せするということで、普段は食べないパンと一緒に食べました。

こちらがその画像です。

f:id:ohitorisamazanmai:20181018102622j:plain

ブルーベリーの大きい粒がしっかりあるのがお分かりでしょうか。

パンと一緒に食べてもブルーベリーの粒がしっかり感じられます。

ブルーベリー好きにはたまりません。

これはソフトフランスパンですが、ずっしりしたドイツパンにも合いそうですね。

もちろんおいしくいただきました。

私はあまり食べませんが、チーズとも合いますね。

それ以外では紅茶に入れてもいいという情報を得たので、アールグレイに入れてみました。

f:id:ohitorisamazanmai:20181018103004j:plain

 紅茶に入れるとジャムの酸味が増してよりさっぱりします。

甘味が足りない時は、はちみつを入れるとコクが出て飲みやすくなります。

f:id:ohitorisamazanmai:20181018104837j:plain

アールグレイは香りが強くて好きですが、もっとあっさりした紅茶にも合うと思いました。

砂糖断ち中に私が実践している内容はこちらからご覧ください。 

www.yamanoyume.com

砂糖断ち中でもジャムが食べられる 

 私は砂糖断ちしていても果物は食べるので、このジャムも食べられます。

ジャムは保存がきくのでとても助かりますね。

普段は生の果物やドライフルーツ、冷凍のブルーベリーなどをおやつに食べていますが、ジャムだと今日のようにいつもと違う食べ方ができます。

おやつの種類が増えてありがたいですね。

私は目の健康のために砂糖断ちを始めたので、まだ当分は続けるつもりです。

その中で食べられる数少ない貴重なおやつが手に入って、またがんばれそうです。

糖質は大さじ約1杯20グラム当たり6.5グラムあるので、糖質制限をしている方にはおすすめできません。

砂糖断ちだけしている方や制限していない方には、ぜひ食べていただきたいと思います。

砂糖が入っていないので、料理や手作りのお菓子に入れても味の調節ができて助かりますね。

このシリーズには他にいちご、白桃、あんず、マンゴー、オレンジ、いちぢく、リンゴもあります。

いろいろ工夫して食べてみてください。

私の記事が少しでも皆様のお役に立てばうれしいです。