ミニマリスト三昧

夫と死別した50代ミニマリスト。丁寧な暮らしが目標です。

床の雑巾がけを始めて180度変わった意識。部屋がますます快適に。

私は毎日雑巾がけをしています。

トイレ掃除は10年前からしていますが、床の雑巾がけはこの夏から。

そのことで、思いがけず自分の意識が大きく変わったことに気づきました。

そして、以前よりも部屋でリラックスできるようになったんですね。

どういうことなのか、これからお話ししたいと思います。

   

 床の雑巾がけを毎日することで意識が大きく変わった

f:id:ohitorisamazanmai:20191119101334p:plain

私は8割捨てる全捨離の影響で、床の雑巾がけをこの夏から始めました。

全捨離では床にものを置かないことも大事ですが、毎日雑巾がけするのもとても重要。

提唱者の櫻庭露樹さんは「床磨きは自分磨き」とおっしゃっています。

その言葉に触発されて、床の雑巾がけを始めて3ヶ月。

部屋に対する意識が、最近だいぶ変わったことに気づきました。

床の雑巾がけをするまでは、なんとなく床は汚れているもの、といつもどこかで思っていました。

なので、床にものを置いたり座るなんてとんでもない。触るのがとてもためらわれました。

トイレの床も、いつもなんとなく汚いイメージがありました。

それでなるべく床には触れないように、気を遣って暮らしていたようです。

それが毎日部屋中の床を雑巾がけするようになると、床は汚くないと自分の意識が大きく変化。

毎日自分で床の雑巾がけをしているのだからきれいなはず、と180度意識が変わりました。

床に触れても緊張しなくなり、部屋にいてもだいぶリラックスできるようになりました。

このことで、今まで床が汚れていると思っていた時は、不要な緊張をしていたんだなぁと気づきました。

私は家で仕事をしているので、部屋にいる時間はかなり長いほうです。

それなのに、自分の部屋でも心底くつろげなかったんですよね。

50代後半にしてやっと部屋でくつろげるようになったわけです。

もともと私はかなり神経質で潔癖性。

他の方なら気にしないようなことでも、きっととても気になるはず。

お金に触れたらすぐに手を洗わないと気持ち悪いし、ゴミ箱があった時は触ると必ず手を洗っていました。

ゴミ箱自体はそんなに汚れていなかったので、長女が居候していた時は驚かれました。

面倒くさいとも言われました💦

汚い基準が多分独特なんですね。

床の雑巾がけをするまで、まさか自分の部屋の床が汚いと思って緊張していたなんて。

それならやはり、私はきっちり掃除しないといけないようです。

床の雑巾がけは自分磨きと思って、これからも続けようと思います。

 

お手数ですが、押していただけると大変喜びます♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ  

最後に

床の雑巾がけ1つで、こんなに部屋にいるのが快適になるとは思いませんでした。

床がきれいだと頭の中で変換されたんですね。

掃除はあまり好きではなかったのですが、ルーティンワークになれば別。

トイレ掃除と一緒で、やらないと気持ち悪くなります。

やはり気になることは、何でもやってみたほうがいいですね。

よろしかったら皆様も床の雑巾がけをなさってみてください。

新たな発見があるかもしれません。