ミニマリスト三昧

夫と死別した50代ミニマリスト。丁寧な暮らしが目標です。

ミニマリストになって住みたい部屋が真逆に!激変した3つの理由とは?

私は1年前に引っ越しましたが、その時はまだミニマリストではありませんでした。

その後、ミニマリストになって住みたい部屋条件が180度変わり、自分でも驚いています。

1年前とミニマリストになった現在とで、住みたい部屋の条件が大きく変化した3つの理由についてお話したいと思います。

   

ミニマリストになって住みたい部屋の条件が真逆になった3つの理由

f:id:ohitorisamazanmai:20190913131331j:plain

私は今までに14回引っ越していますが、直近の引っ越しは1年前です。

引っ越し直後から、私はミニマリストを目指すようになりました。

最近になって1年前を振り返ると、住みたい部屋の条件が真逆に変わった気がします。

一番大きく変わったのは、部屋の広さに関することです。

もっと狭い部屋がいいと真剣に考え始めています。

1年前、今の部屋を探した時の条件が「部屋数が少なくても広い部屋」だったので、真逆なんですね。

以前住んでいた田舎の広い家から、私1人分の荷物を運び出したのですが、どれぐらいの量があるのか把握しきれませんでした。

なので、とりあえず荷物が全部入る部屋にしようと考えたんですね。

今の部屋は1Kですが10畳あります。

収納も押し入れと幅の狭いクローゼットがあるので充分です。

何とか持ってきた荷物は収納できました。

それなのに、どうして私がもっと狭い部屋に住みたいのか、理由を3つご紹介したいと思います。

1、ミニマリストになって持ち物がかなり減った

f:id:ohitorisamazanmai:20190913133046j:plain

1年間に引っ越してまもなく、ミニマリストを目指すようになって、荷物は減り続けました。

2ヶ月前に8割捨てる全捨離を始めてからは、ますます持ち物が減っています。

持ち物が少なくなると、もっと狭い部屋のほうがいいと思うようになりました。

近々ベッドや本棚なども手放す予定なので、ますます部屋が広くなります。

一人暮らしで10畳の部屋は広過ぎるなぁと感じ始めています。

2、狭い部屋のほうが掃除が楽

f:id:ohitorisamazanmai:20190913131954j:plain

私は最近、全捨離の影響で床の雑巾がけもするようになりました。

すると、ますます部屋が広すぎることを痛感。

基本的に、物がないスペースは広いほうが雑巾がけは楽ですが、広すぎるのも困りますよね💦

何もないスペースを雑巾がけするのは、無駄な気がしています。

もっと狭い部屋にしたら、雑巾がけもかなり楽になりますよね。

また、今の部屋は、ベランダのサッシを含め、窓ガラスが4カ所あります。

もう少し窓が少ない部屋だと、窓拭きも楽です。

3、家賃を減らしたい

f:id:ohitorisamazanmai:20190913132241j:plain

私は現在、埼玉県北部の1Kの部屋に住んでいて、家賃は5万円です。

首都圏なら1Kでもこれぐらいはするのでしょうが、都心から遠い割には高めかなと思っています。

部屋が広すぎて管理も大変なので、もっと狭い部屋に引っ越して家賃も下げたいんですね。

ミニマリストしぶさんは福岡にお住まいですが、以前のお部屋が古めで家賃がかなり安かったそう。

それでも十分、とおっしゃっていました。

新築、ターミナル駅近くなどにこだわらなければ、結構安くて住みやすい部屋は見つかると思います。

同じ家賃でも部屋が狭い分、駅の近くなど便利なところに借りられます。

私自身14回の引っ越し経験があり、娘たちの引っ越しも数えれば20回近くは部屋探しをしています。

その経験から、丹念に探せば意外とお得な物件があることはわかっています。

現在の部屋の契約更新は来年ですが、今から引っ越し候補地を探し始めようと思っています。

次はどんな部屋に住みたいか、今からイメージしておきたいと思います。

次の部屋探しは近藤麻理恵さんのおうちネットワークも頼りに

f:id:ohitorisamazanmai:20190913132316j:plain

近藤麻理恵さんが『イラストでときめく片づけの魔法』で、こうおっしゃっていました。

私は、すべてのおうちはネットワークでつながっていると考えています。おうちをきちんと片づけていると、「この人は大事に使ってくれますよ」と、今のおうちが発信をしてくれて、次のおうちを引き寄せる...。そんなイメージです。

出典:『イラストでときめく片づけの魔法』近藤真理恵著(サンマーク出版)

 もしおうちネットワークがあるのなら、今の部屋をきれいに使っていれば、きっと私の希望の部屋が見つかると信じています。

実は1年前の引っ越しでも、おうちネットワークはあると感じています。

50代で無職だった私が、1日で部屋が決まりました。

今後も、毎日の素手でするトイレ掃除や床の雑巾がけなど、できるだけ続けたいと思います。

『イラストでときめく片づけの魔法』は大変わかりやすいので、よろしかったらぜひご覧になってください。 

イラストでときめく片づけの魔法 

 

人気の『人生がときめく片づけの魔法』ももちろん、おすすめです。

現在、アマゾンでは『人生がときめく片づけの魔法』が、朗読サービスのオーディブルで無料体験できます。

30日間、無料で数冊読める権利があるんですね。

最初の1冊は無料ですが、もし気に入らなければ返品することもできます。

そうすればまた別の本を聴くことも可能。

使わないのはもったいないですよ。

私もこちらの本をオーディブルで聴きましたが、読むよりもスッと頭に入ります。

ぜひ、この機会にアマゾンオーディブルを体験してみてください。

人生がときめく片づけの魔法 改訂版 

 

以前、近藤真理恵さんのおうちネットワークについても、私が実感した体験を記事に書いています。

よろしかったらこちらの記事もご覧ください。

www.yamanoyume.com

 

お手数ですが、押していただけるとうれしいです♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ

最後に

ミニマリストになる前と後とでは、部屋の条件が激変していて、自分でもびっくりします。

今後は、もっと狭くて住みやすそうな部屋を探すことにします。

街歩きの目的が一つ増えて楽しみです。

来年になって引っ越す際には、またご報告させていただきます。