ミニマリスト三昧

夫と死別した50代ミニマリスト。無駄なものをそぎ落としたシンプルライフを目指しています。

全捨離で大事なのは手放すスピード!櫻庭露樹さんに救われた過去の後悔。

私は昨年7月から全捨離という開運法を実践しており、かなり持ち物がミニマルになりました。

最近提唱者の櫻庭露樹さんが配信されるyoutube動画で、大物家具を手放すお話がとても心に響きました。

私も昨年家具をまとめて手放した経験があるのですが、唯一後悔していることが。

櫻庭さんの言葉で、気が楽になりました。

今回櫻庭露樹さんおすすめの大物家具を手放すメリットと、全捨離での後悔が手放せた話をご紹介したいと思います。

全捨離でおすすめな大物家具の処分

全捨離は櫻庭露樹さんが提唱される、風水に基づいた開運法です。

風水では、持ち主の運気を下げる邪気という存在があると考えます。

邪気は使われていないものに宿るとのこと。

櫻庭さん曰く、一般的に持ち物の8割は使っていないのだとか。

なので、持ち物の8割を手放すことを推奨されています。

 

先日も、櫻庭露樹さんの興味深い動画を発見。

大物家具を手放す効果について話されており、私も大変納得しました。

f:id:ohitorisamazanmai:20200908091902p:plain

話のきっかけは、インタビュアーの小野さんが最近引越しされたこと。

小野さんが引越しされる中で、洋服ダンスがとても床面積を占拠すると実感されたそうです。

 

櫻庭さんによると、大物家具を手放しただけで部屋の気が変わるのだとか。

空気が変わって、気の流れも良くなるとのこと。

大きくて重い家具を個人で処分するのは、なかなか気が進まないのでは。

櫻庭さんのおすすめは、プロに依頼すること。

お金がかかっても、ケチらないほうがいいそうです。

運気アップに大事なのは時間。いかに早く手放すのかが重要とのこと。

言い換えれば、手放すスピードが大事ともいえるのでは。

お金を使って貴重な時間と運気を稼ぐという言葉に、ハッとしました。

 

粗大ゴミは、捨てられる日が少ないですよね。

粗大ゴミの券も買わなければいけない。

不要な大物家具は気の流れを妨げるので、1秒でも早く処分するほうが重要とのこと。

 

また全捨離で心がけるべきは、浄化と換気。

浄化というのは、不要なものを手放すこと。

換気も櫻庭さんがよくおっしゃること。

運気の悪い家は気が滞っているので、換気して気を循環させたほうがいいのだとか。

私も1年中、毎朝窓を1時間以上開けています。

櫻庭露樹さんが実践中の宅配業者へのもてなしに驚愕

話は宅配業者に移ります。

宅配業の方は、毎日たくさんのお宅を訪問するはず。

玄関を開けただけで、その家の運気が高いかどうかわかるのではという話に納得。

確かに膨大な数の家を訪問していると、何となくわかりそうですね。

運気が高い家の人はおそらく明るくていい人というのも、同感です。

 

f:id:ohitorisamazanmai:20200908110315p:plain

櫻庭さんが宅配業の方をもてなす話が、衝撃でした。

なんと夏場はペットボトルの水を冷蔵庫で冷やして、プレゼントするのだとか。

冷凍したゼリー飲料も、とても喜ばれるそうです。

この話には、目から鱗が落ちました。

以前奇想天外な行動でソバ屋の店主を喜ばせた櫻庭さんですが、今回もさすがだなと。

私も出来る限り真似したいものです。

 

さらに再配達してもらった時は、謝るのだとも。

確かに再配達してもらうのは、二度手間です。

私も以前から申し訳ないと思っていたので、謝るようにはしています。

 

とにかく櫻庭さんがおっしゃるには、微差の積み重ねが運気アップに繋がるとのこと。

人に喜んでもらった波動は、全部宇宙に溜まっていく。

エネルギーが大量に溜まった時に、一気に自分に降りてくるそうです。

これが運気を貯めるということ、というお話に気が引き締まりました。

私は実践出来ているだろうかと。

今後はより人に喜ばれる行動を、意識していきたいと思います。

   

大物を手放すと運気が変わることを実感

大物家具を手放すと気の流れが変わるのは、私も実感しています。

昨年私は本棚やベッド、文机などを一気に処分

f:id:ohitorisamazanmai:20191010194318j:plain

f:id:ohitorisamazanmai:20200908091600p:plain

f:id:ohitorisamazanmai:20200908091621p:plain

 

以前の部屋は、かなり床面積が広がりました。

f:id:ohitorisamazanmai:20200908110920j:plain

不要になった大物家具を手放しただけで、不思議なことになんとなく部屋がすがすがしいなと。

全捨離の効果を、肌でひしひしと感じました。

櫻庭露樹さんの言葉で気が楽になったこと

ただ大物家具をまとめて処分した際に、少々後悔していることがあります。

それは家具の処分に、かなりお金がかかってしまったこと。

私はリサイクル業者に家具の処分を依頼したので、7万円もかかってしまいました。

一気に手放せたのはよかったのですが、7万円は少々もったいなかったなと。

 少々手間がかかっても、粗大ゴミとして収集してもらえばよかったかもと。

 

リサイクル業者に依頼した時は、2階の部屋に住んでいました。

大きな家具を自分1人で1階におろすのは、無理だと思い込んでいたんですね。

後日思ったのは、多少時間がかかっても慎重に運べば私1人でもできたかもしれないなと。

大きさにもよりますが、自治体の粗大ゴミなら1つあたりの処分費はせいぜい数千円。

5つ粗大ゴミに出しても、1万円かかるかどうか。

家具の処分を思い出すたびに、少々胸が痛みました。

 

後悔の念が晴れたのは、櫻庭露樹さんの言葉のおかげです。

櫻庭さんは多少お金がかかっても、できるだけ早く手放すほうが大事とおっしゃいました。

櫻庭露樹さんのお話で、スッと胸が軽くなりました。

f:id:ohitorisamazanmai:20200908095606p:plain

私が大物家具を手放したのは、もう1年近く前のこと。

そろそろ無駄な後悔は手放そうと思います。

 

今回参考にさせていただいた、櫻庭露樹さんのYouTube動画はこちらです。

www.youtube.com

 

お手数ですが、押していただけたらうれしいです♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ  

最後に

櫻庭露樹さんの言葉には、とても説得力があると感じます。

やはり十数年間自らを実験台にして実践されてきた分、言葉に重みがありますね。

現在の部屋はおかげさまで、かなり持ち物がミニマルな状態。

それでもまだまだ、究極のミニマリストには程遠いなぁと。

全捨離を実践しつつ、より快適な暮らしを目指したいと思います。