ミニマリスト三昧

夫と死別した50代ミニマリスト。無駄なものをそぎ落としたシンプルライフを目指しています。

外出自粛で妄想が止まらない!こんな時こそ将来のことを考えるチャンス。

2年前に夫と死別した私は、単身埼玉へ引越しました。

今年5月に都内への引越しを検討していましたが、新型コロナウイルスの影響で断念。

代わりに、孫のいる高知が最有力候補に。

実は外出自粛中に、また別の新しい引っ越し先が浮かびました。

こんな時は、長期スパンで将来のことを考えるいいチャンスですね。

今回はまた思いついた新しい引っ越し先の話を、ご紹介したいと思います。

 再婚した夫との死別について

f:id:ohitorisamazanmai:20200404125657p:plain

私は8年ほど前に、再婚した夫と出会いました。

夫とは田舎暮らしがしたいという共通の願いがあり、結婚後1年半で山間部に移住。

無農薬栽培がしたかった私には、理想的な土地でした。

慣れない田舎暮らしによく喧嘩もしましたが、夫はよく頑張ったと思います。

農作業は思いのほか重労働。

勤めに出ながらの農業が夫の寿命を縮めたのでは、と後悔したこともあります。

移住をもう少し遅らせてもよかったかなと。

移住する時は、少しでも若いうちがいいと思ったのですが。

こればかりは何が正解かわかりません。

元から寿命が決まっていたのなら、少しでも田舎暮らしができてよかったのかも。

夫の葬儀で夫と仲の良かった従姉弟がそう言ってくれたのが、せめてもの救いです。

残念ながら結婚4年半で夫が急死してしまい、私は再び一人になりました。

夫の死後引越した

f:id:ohitorisamazanmai:20200404130700j:plain

家だけが残り、もう何も私を縛るものはありません。

どこでどんな暮らしをしても自由。

そう思うと逆にどうしたらいいか、途方にくれました。

孫のいる高知も頭をよぎりましたが、数か月考えて次女のいる関東へ行くことに。

次女とはしばらく連絡が取れなかったので、近くに行けば会うチャンスがあるかもしれない。

そう思い、岡山の山間部から埼玉へ引越し。

引越し後、割とあっさり次女に会うことができました。

半年ほど経ってまた連絡がつかなくなったのですが、現在は心配していません。

それは心理カウンセラーの友人がくれたアドバイスのおかげ。

娘とは音信不通ではない、と言ってくれたからです。

   

コロナ騒動でまた行く末を再考する

f:id:ohitorisamazanmai:20200327082207p:plain

そして起こった新型コロナウイルスの蔓延。

そのおかげでまた、自分の行く末を改めて考えることになりました。

今年5月に現在住んでいる部屋の契約更新があるので、都内へ引っ越そうと考えていましたが、断念。

現在は、孫の近くに行きたいと思っています。

のんびりした田舎のほうが、私には合っている気がして。

私は茨城で生まれ育ち、東京の大学に進学。

ずっと関東にいるものだと思っていました。

意外なことに関西の人と結婚し、紆余曲折あって30年間西日本に暮らしました。

長年住むと愛着がわくものです。

特に一番長く住んだ岡山は離婚の嫌な思い出もあるけれど、娘たちが育った町。

仲のいい友人もいました。

行くたびに懐かしい思いがこみ上げてきます。

 

瀬戸内海も大好きな場所。

瀬戸内国際芸術祭も楽しみですが、高台や瀬戸大橋から眺めた瀬戸内海の美しさは言葉にできません。

風のない日は海面がまるで鏡のように穏やか。

夕方の海にキラキラと反射した光は、この世のものとは思えません。

海に浮かぶ多くの島々もまるでおとぎ話の世界。

初めて瀬戸内海を見た時、この海が一番好きだと思ったほど。

私の生まれ故郷にある太平洋とは全く違う海です。

太平洋は荒れていることが多く、苦手だったんですね。

こんなに穏やかな海が日本にあったなんて、と感動したものです。

f:id:ohitorisamazanmai:20200404131125p:plain

孫が住む高知は瀬戸内海にかなり近いので、いつでも行けます。

ですが、よく考えれば高知に住む必要もないなと。

あまり近所だと娘も気を遣うかもしれません。

私が元気なうちは、少し離れていてもいいかなと思うように。

岡山か四国なら、すぐに孫に会えるはず。

そう思うようになったのは、交流のあるブロガーさんお二人のおかげです。

以前の記事に、はてなブロガーの切り株おやじさん(id:masuhiro6595)から香川の丸亀もおすすめ、とのコメントをいただきました。

今まで丸亀は通過するだけ。

住もうとは考えたことがないのですが、いいかも。

確かに交通の便はよさそうだし、いつでも瀬戸内海が見られます。

岡山に近くて、夫のお墓参りもしやすそう。

もうお一人は、はてなブロガーの3回連続10㎝さん(id:sankairenzoku10cm)。

高松にお住いの10㎝さんは香川愛にあふれた方。

うどん記事をシリーズ化されるほどです。

実は今朝ツイッターで瀬戸内海の画像をアップされていて、きれいだなと改めて感動。

瀬戸内海沿岸への移住に大きく心が動きました。

お二人ともありがとうございます。

具体的な引越しの予定は未定ですが、あれこれ考えるのもまた楽しい。

こんなことをゆっくり考えられるのも、新型コロナウイルスで外出を自粛しているから。

こういう時こそ、少し先のことをじっくり考えるいい機会では。

もうしばらく、新しい引っ越し先のことを考えて楽しみたいと思います。

  

お手数ですが、押していただけたらうれしいです♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ

最後に

外出自粛中のこの時期は、ある意味長期スパンで将来のことを考えるチャンスだと思います。

私は引っ越したいので、引越し先を考えるのが楽しいんですね。

長年住んだ岡山は第二の故郷だと思っています。

岡山近郊は、人生の締めくくりにふさわしい場所のような気がします。

せっかちなので早く動きたくて仕方ないのですが、ここは我慢のしどころ。

今のうちに、できるだけ準備しておきたいと思います。

今日は私の引越し先の話にお付き合いいただき、ありがとうございます。

また何か進展がありましたら、ご報告させていただきますね。