ミニマリスト三昧

夫と死別した50代ミニマリスト。無駄なものをそぎ落としたシンプルライフを目指しています。

コロナの影響で孫の誕生祝いに行けない!やはり四国に引越すのがベスト?

私の長女は今年の秋に、第二子を出産予定です。

が生まれたらお祝いに行く予定でしたが、現時点では厳しいかなと。

それまでに新型コロナウィルスが収束するかどうかが、カギになります。

改めて孫の近くに引越しするメリットを痛感。

今回、孫の誕生と新型コロナウイルスの関係について、私の考えをお話したいと思います。

今年秋に二人目の孫が産まれる予定

f:id:ohitorisamazanmai:20200408101351p:plain

私の長女は結婚して高知県に住んでいます。

最初の孫が生まれた時、私は岡山県の県北に住んでいました。

岡山県内でも高知から1番遠い地域にいたのですが、初孫の誕生となれば話は別。

大喜びで高知までお祝いに行きました。

初孫は男の子で現在2歳のやんちゃ盛り。

娘は大変そうですが、今年の秋に第二子を出産する予定です。

現在はもっと遠い埼玉県にいますが、二人目の孫が生まれたらまたお祝いに行くつもりでした。

孫の誕生祝いに行くかどうかはコロナ次第

f:id:ohitorisamazanmai:20200401220014p:plain

娘から第二子の妊娠を告げられたのは今年初め。

その頃コロナの話題は出始めていましたが、インフルエンザ同様夏になれば収束すると思っていたんですね。

ところが新型コロナウィルスは、暑い地域でも流行しているとのこと。

季節性ではないと分かったので、コロナに対する認識を改めました。

 

最近は、別居する家族のことも気がかりです。

特に都内に住む次女は、なかなか連絡がつかない状態。

いくらこちらから連絡しても、ほとんど返事がありません。

仕方ないのでSNSでの娘の発信をチェックしており、それで安否確認しています。

こんな時ぐらいはメールで返事をくれてもいいのに、とは思いますが。

次女は今のところ元気な様子。

しばらくはこのまま様子を見るしかないと思っています。

   

ここで、ふと長女の出産のことが思い浮かびました。

長女は時折連絡をくれて、孫の様子も見せてくれます。

長女夫婦や孫については安心していますが、気がかりなのは長女の出産。

長女は今年の秋に第二子を出産する予定です。

生まれたら、当然お祝いに行くつもりでした。

当初新型コロナウィルスも、その頃には収束しているだろうと予測していたんですね。

それが、暖かくなっても収束しない可能性があることが判明。

昨日のミニマリストしぶさんのライブ配信でも、1年ぐらいはコロナと付き合う覚悟が必要とのお話。

今年秋までにコロナ問題が収束しなければ、出産祝いには行けないことに。

私がもし無症状の感染者だったら大変。

出産直後の娘や生まれたばかりの孫に、うつすわけにはいきません。

その時は潔く諦めようと思っています。

とても残念ですが、今は離れていてもLINE電話などで孫の顔が見られる時代。

私の若い頃に比べれば格段に便利です。

動く孫の様子が見られるだけでもありがたいなと。

お祝いに行くのは、コロナが収束してからでも仕方ないですね。

 

新型コロナウイルスの影響は、こんなところも及んでいました。

感染が拡大している地域からさほどでない地域に移動するのは、大変気を遣います。

このことからもやはり孫のいる四国に住んでいたほうが、何かと便利だなぁと痛感。

都内に住む次女は、おそらく私が近くにいなくても大丈夫なのだと思います。

もちろん次女に何かあれば、すぐに駆けつけるつもりではありますが。

残りの人生は長女や孫の近くで暮らすのが、やはり私にはベストなのかも。

改めて四国へ引っ越すメリットを感じた出来事でした。

 

お手数ですが、押していただけたらうれしいです♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ  

最後に

新型コロナウィルスの流行では、様々なことに気づかされます。

一刻も早く収束してほしいのはやまやまですが、背中を押された側面もあるコロナ。

今後自分が暮らす場所についても、改めて考えるきっかけになりました。

これは私だけではないはず。

多くの方が、自分の生き方そのものを見直しているのでは。

上手に乗り越えていけば、明るい未来が待っていると信じています。

大変な状況ですが、私の記事が少しでも皆様のお役に立てばうれしいです。