ミニマリスト三昧

夫と死別した50代ミニマリスト。無駄なものをそぎ落としたシンプルライフを目指しています。

嫌われてもいい!自信のなかった私がミニマリストになって変われたこと。

私には最近、 思いがけない心境の変化がありました。

以前ほど人から嫌われることを怖れなくなっていて、自分でもビックリ。

気づいたきっかけは新型コロナウイルス

これはミニマリストになったことが、大きく関係している気がしてなりません。

どうして急に嫌われることが怖くなくなったのか、私なりの分析をご紹介したいと思います。

 

国の布マスク配布についての発信を反省した

f:id:ohitorisamazanmai:20200405110522p:plain

今月1日、安倍首相が国民の全世帯に2枚づつ布マスクを配布する、と発表しました。

批判が多いのは承知の上でしたが、私はガーゼマスクという点を評価

一昨年からガーゼマスクを愛用している私は、ガーゼマスクが不当に過小評価されている気がしていたからです。

ただ記事にいただいたコメントには反対意見が多く、考えさせられました。

税金の無駄遣いだというご指摘や、医療関係者に優先的に配ってほしいというご意見があり、なるほどと納得。

確かに大事な国家予算を、もっと切迫した人に回すべきなのは当然です。

現在医療関係者は、ご自分が感染するリスクを抱えながら従事されているはず。

医療関係は他の業種に比べて圧倒的に感染しやすく、精神的負担も計り知れません。

そういった方に優先的に回してほしいのは、私も全く同意見です。

数人のブログ仲間から反対意見を伺い、もう少し深く考慮すべきだったと反省しました。

 

新型コロナウイルスに関しても、初め間違った認識をしていたんですね。

流行し始めの頃、新型コロナウイルスは季節性だと思っていました。

暖かくなれば収束するだろうと。

徐々に情報が出回るようになって、それが間違いだと気づきました。

それで数日前に新型コロナウイルスについて認識を改めた、という記事をアップ。

後から訂正するような記事は、できるだけ書かないようにしたいもの。

それでも間違っていたと判断したら、できるだけ早く訂正したいと思います。

 

ただ布マスクについては、4月3日にアメリカの疾病管理予防センターが方針を変更。

新型コロナウイルス対策として、「医療用でない布マスク」の着用を推奨することにしたのだとか。

もちろん外出しないのが最優先なのは、変わりありません。

医療機関での深刻なマスク不足を解消する目的もあるようです。

 

   

コロナ問題で自分が変わったと感じたこと

f:id:ohitorisamazanmai:20200401220014p:plain

新型コロナウィルスが取り沙汰されるようになってから、私はいくつか関連記事を書きました。

今まであまり社会的な問題には触れなかったのですが、コロナ問題は暮らしに直結すること。

日々の暮らしを発信する立場としては、触れざるを得ないなと。

おかげさまで予想以上の反響があり、私の記事を読んでいただいたことには大変感謝しています。

このことに関して、自分でも変わったなぁと思うことがあります。

それは人に嫌われるのが怖くなくなったこと。

つい最近まで人にどう思われるか怖くて、なかなか自分の意見が言えないところがありました。

本心を言って嫌われたらどうしようと。

自分に自信がなかったんですね。

これは身内にもよく言われていたこと。

どうしてそんなに自信がないの?もっと自信を持てばいいのにと。

自分でも理由がよくわかりませんでした。

何となく思い当たるのは、子供の頃から変わっていると言われていたこと。

言われた場面は覚えていませんが、おそらく親から言われてすっかり自信をなくしていたのかなと。

それが1ヵ月ほど前から、180度変わっていることを発見。

人にどう思われるか、あまり気にならないことに気づきました。

今まで嫌われることを極端に恐れていた私が、嫌われてもいいと思えるようになったんですね。

長年自分に自信のなかった私が、どうしてこんなに変わったのだろう。

自分でもとても不思議でした。

よくよく考えてみると、思い当たるのはミニマリストになったことくらい。

おそらくミニマリストになって、自分に自信が持てたからでは。

いつの間にか、自己肯定感が高まっていたのだと思います。

ミニマリストは自分の快適な暮らしを追求する人。

ミニマルライフを実践する中で、人に嫌われる恐怖を手放せたのかなあと。

これはまとめ買いのデメリットについて書いた記事でも、少し触れました。

日々自分の食べたいものを食べるだけで、暮らしの満足度は格段に上昇します。

コツコツと小さな幸せを積み上げていく自分に、自信が持てたのも当然かもしれません。

 

一旦嫌われてもいいと思うと、それだけでなぜだかとても気が楽になります。

嫌われたらどうしようという恐怖は、私の中でかなり大きなストレスだったはず。

自分の生き方に大きな影響を与えるストレスを手放せたのは、自分でも驚いています。

もちろん嫌われたくない気持ちが、全くなくなったわけではありません。

それでも以前の私に比べると、だいぶ減ったのは確か。

おかげで今まで躊躇していた社会的な問題についても、意見が言えるように。

気持ちが変わると行動が変わることを実感しています。

ブロガー仲間からの反対意見で気づいたこと

f:id:ohitorisamazanmai:20200405105545j:plain

今回ブロガー仲間から忌憚のない反対意見をいただいたことにも、感謝しています。

それは、自分でも気づいていなかったことが分かったから。

国には何も言っても無駄、と諦めていたことに気づきました。

それで、国の施策に意見を言いたくなかったのだなと。

国に直接意見が届くかどうかはさておき、言うことが大事だとも。

遠慮なく意見を言ってくれる仲間は、私にとってかけがえのない存在。

今後もお付き合いくだされば、こんなにありがたいことはありません。

また今回の件で、今まで以上に無責任な発信はできないと痛感。

身を引き締めていきたいと思っています。

 

お手数ですが、押していただけたらうれしいです♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ

最後に

ミニマリストになって自己肯定感が高まった、というのは以前から薄々感じていました。

他のミニマリストさんに伺ったことはないのですが、自信のある方が多い印象はあります。

ミニマリストになって、メリットのほうが多いと感じている今日この頃。

デメリットがあるとすれば、結婚ぐらいでしょうか。

今後は責任を感じつつ、自分の意見を発信していきたいと思います。

この記事が少しでも皆様のお役に立てばうれしいです。