冴島唯月ブログ

50代のおひとりさまです。ミニマリストを目指して片づけ中。

引っ越し以来使わなかった来客用布団。死ぬまで断捨離しないと決めた理由とは?

私は先日、来客用布団断捨離を検討しましたが、保留にしています。

最近、残してよかったと思う出来事があり、死ぬまで断捨離しないことにしました。

今日はそのお話をしたいと思います。

   

来客用布団の断捨離を検討した

f:id:ohitorisamazanmai:20190207140432j:plain

ミニマリストになりたい

私はミニマリストに憧れるおひとりさまです。

必要最低限のものに囲まれた暮らしを目指しています。

来客用布団を1組持っていますが、昨年5月に今の部屋に引っ越してから 8ヶ月間、全く使いませんでした。

それで、場所を取る来客用布団を手放すことを検討していました。

生前整理のため

また、1年前に夫を急病で亡くしました。

その話はよろしかったらこちらの記事をご覧ください。 

www.yamanoyume.com

その際に、直前まで元気だった夫が突然倒れたことで、人はいつ死ぬか分からないということを身をもって知りました。

私も50代半ばなので、そろそろ生前整理のことも考えたほうがいい年代です。

本気で取り組むことにしました。

来客用布団を手放さない

その 2つの理由から、以前、来客用布団の断捨離を検討しました。

ですが、次女のアドバイスもあり、残すことにしました。

娘が来客用布団を手放さないほうがいいというのは、遠くに住んでいる長女が泊まりに来た時に使うのでは、ということでした。

その話はよろしかったらこちらの記事をご覧ください。

www.yamanoyume.com

手放さなくてよかった理由

最近、来客用布団を手放さなくてよかった、と思える出来事がありました。

高知に住んでいる長女が泊まりに来たのです。

突然、私のところに行ってもいいか、と連絡がありました。

もちろん私が断る理由は全くありません。

喜んで承諾しました。

これはまさに次女が話していた通りです。

この時、来客用布団を残しておいて良かった、とつくづく思いました。

もし来客用布団を手放していたら、貸し布団の手配等で何かと気ぜわしかったと思います。

それがなかったので、落ち着いて長女を迎えることができました。 

今回感じたこと

今回感じたのは、今すぐ使わないからといって、何でもやたらに手放すのはよくない、ということです。

もちろん「いつか使うかもしれない」の「いつか」はやってこないことが多いので、残すものは厳選する必要があります。

ですが、ライフスタイルや家族関係などは千差万別です。

それぞれ自分に合わせた断捨離が必要だと感じました。

私の場合は1年前から一人暮らしになりましたが、同居していなくても娘が2人います。

その2人の娘の実家と言う立場もある、ということを改めて感じました。

娘たちの実家と言う立場についても記事を書いています。よろしかったらこちらの記事もご覧ください。

www.yamanoyume.com

来客用布団を手放さないと決めたのは、次女のアドバイスのおかげですが、そのアドバイスを自分の中でしっかり検討し、残すと決めたのは自分です。

自分の感覚を信じて残して良かったと思います。

 

あなたのクリックが更新の励みになります♪

にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ 

にほんブログ村テーマ(役立つブログがたくさんあります)
断捨離シンプル&ミニマムな暮らし
断捨離でゆとり生活
断捨離してますか?  

最後に

私が生きている限り、娘たちの実家という立場に変わりはありません。

そうすると、来客用布団は死ぬまで手放すことができません。

部屋も現在は1部屋ですが、次に引っ越す時は2 部屋以上を考えています。

今回、少しでも実家として快適な状態を目指したいと改めて思いました。

この記事が少しでも皆様のお役に立てばうれしいです。