ミニマリスト三昧

夫と死別した50代ミニマリスト。丁寧な暮らしを目指します。

やる気が起きない時の気分転換。時短、節約、エコなおすすめキッチン作業2選。

最近、雨が多いですね。

雨の日は何もやる気が起きないことがよくあります。

そんな時はキッチンで黙々と単純作業をします。

時短節約にもなり、しかもエコな作業を2つご紹介したいと思います。

   

やる気が出ない時もある

雨や曇りの日などは、何もする気が起きないことはありませんか。

また今は花粉症の時期でもあり、気分が沈みがちですよね。

また、私はちょうど更年期に差し掛かっていることもあり、気分の波が大きいんですね。

更年期というのは、女性の場合45歳から55歳までの10年間と言われています。

ちょうど閉経期と重なり、心身ともに揺れ動きやすい時期です。

更年期は身体的な変化もありますが、精神的にも不安定になりやすいんですね。

私の場合は更年期の影響が大きいのですが、気候にもかなり左右されていると感じます。

そんな時はやるべきことがあっても、無理にしないようにしています。

昼寝をしたり散歩したりして気分転換をすることもありますが、手っ取り早いのはキッチンでの単純作業です。

やる気が起きない時に私がよくしている、2つの気分転換の方法をご紹介したいと思います。

時短や節約にもなり、環境にも優しいので、ぜひ皆様にもおすすめします。

やる気が起きない時のキッチンでの気分転換

f:id:ohitorisamazanmai:20190303121416j:plain

1)料理の下ごしらえ

食事の支度は必要なことですし、かなり良い気分転換にもなります。

時間があれば煮物やお味噌汁などを作ってしまうこともありますが、下ごしらえをしておくだけでも助かりますよね。

あらかじめ切っておく

私がよくするのは、買ってきた野菜をすぐ調理できるように切っておくことです。

にんじんや白菜等はたいてい同じ切り方しかしないので、あらかじめ全部切ってしまいます。

このように切って透明のポリエチレン袋に入れておきます。

f:id:ohitorisamazanmai:20190303114021j:plain
そうすると料理を作る際に、かなり時間を短縮することができます。

以前もそのことを記事に書いています。よろしかったらこちらの記事もご覧ください。 

www.yamanoyume.com

野菜をゆでておく 

また、野菜をゆでておくこともあります。

ほうれん草やブロッコリー、ニンジンなどをゆでておくと、そのままでも食べられますし、料理のトッピングなどにも使えて便利です。

ゆでるのも数分程度なので、気が向いたらすぐにできます。

ほうれん草などの葉物野菜は厚手のステンレス鍋を使うと、野菜を洗った際の水分だけでゆでることができます。

私はこのビタクラフトの鍋を20年ほど前から使っていますが、普通に水を入れてゆでるよりもかなり時間短縮になっています。

f:id:ohitorisamazanmai:20190303115026j:plain

そのことでガス代もわずかながら節約できていると思います。

実際にこの鍋でほうれん草をゆでてみました。

今回買ったほうれん草は1束の量が結構ありました。

それをあらかじめ食べやすい大きさに切って鍋に全部入れます。

鍋が小さいのであふれそうですね💦

f:id:ohitorisamazanmai:20190303115108j:plain

 フタをして中火にかけます。

すると1〜2分で、このように少ししんなりします。

f:id:ohitorisamazanmai:20190303115152j:plain

今度は火にかけたまま、菜箸で混ぜていきます。

f:id:ohitorisamazanmai:20190303115232j:plain

すると、このように火が通ってだいぶカサが減ります。 

f:id:ohitorisamazanmai:20190303115307j:plain

ほうれん草をさっと水にさらして絞ります。

f:id:ohitorisamazanmai:20190303115402j:plain

火にかけてから5分以内には全工程が済むんですね。

ビタクラフトのような厚手の鍋をお持ちの方はぜひお試しください。

かんきつの皮で掃除

かんきつ類の皮は捨ててしまうことが多いですよね。

みかんやオレンジなどの皮は掃除にも使えるのはご存知でしたか。

オレンジが使われた洗剤はけっこう見かけますよね。

どうしてかんきつ類が掃除に向くのかご説明します。

かんきつの皮にはリモネンやクエン酸、ペクチンが含まれています。

リモネンは油を溶かす効果が期待できます。

クエン酸はご存知のように、掃除によく使われますね。

アルカリ性の汚れや水アカを落とす効果があると言われます。

ペクチンはコーティング作用があるので、汚れが付きにくくなります。

シンクや蛇口、ガスコンロなどを磨くときれいになるんですね。

かんきつ類の皮は白い方を使います。

かんきつ類ならなんでも掃除に使えるようです。

私はいただき物の文旦の皮があったので、キッチンのシンクを掃除してみました。

シンクにかけた水切りカゴの下は、恥ずかしながらなかなか掃除が行き届きません。

お見苦しい画像です。ご注意下さい。

f:id:ohitorisamazanmai:20190303115956j:plain

ここを文旦の内側の白い部分で磨きました。

 5分ほどこすると、このようにかなりきれいになりました。

f:id:ohitorisamazanmai:20190303120115j:plain

食べ終わったかんきつの皮なので、お金もかからず環境にも優しいのがいいですよね。

こすっている間もかんきつの良い香りがするので、これだけでも気分転換になります。

他にも、かんきつの皮でクレヨンの汚れも落ちるそうです。

その場合は外側の皮の部分で擦るときれいになります。

またかんきつの皮を煮出した液も掃除に使えます。

2カップの水にみかんの皮を3〜4個分入れて煮出します。

その煮汁をスプレーで吹き付けたり、ぞうきんに付けて掃除すると汚れ落ちがいいそうです。

掃除してきれいになりいい香りに癒される、この掃除方法は大変おすすめです。

よろしかったらお試しください。

以前、掃除ではありませんが、果物の皮を捨てずに食べた方がいいという記事も書いています。よろしかったらこちらもご覧ください。

www.yamanoyume.com

また、ゆずをムダなく使い切る方法も記事に書いています。よろしかったらこちらもご覧ください。

www.yamanoyume.com

お手数をおかけしますが、押していただけると励みになります♪

にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ 

最後に

やる気が起きない時は、無理に仕事などをしないほうがいいと思います。

単純作業をして気分転換をするのがおすすめです。

料理や掃除は、しなければいけない家事です。

仕事などの気が乗らない時に、単純作業で体を動かしていると気持ちが切り替わるので、効果抜群だと感じています。

よろしかったらお試しください。