ミニマリスト三昧

夫と死別した50代ミニマリスト。無駄なものをそぎ落としたシンプルライフを目指しています。

1年前の娘の予想は見事に外れた。おかげで私のミニマルライフは順調!

私の次女は、私から見たらミニマリスト

1年前に会った時にから言われたことを、最近ふと思い出しました。

私のミニマルライフに関する予想なのですが、今思うとそれは見事に外れたなぁと。

今日は、1年前娘に言われた言葉とその答え合わせについて、ご紹介したいと思います。

   

ミニマリストの娘に1年前言われたこと

f:id:ohitorisamazanmai:20191220131425p:plain

20代後半の次女は、自覚は無いものの私から見れば立派なミニマリストです。

持ち物に関するこだわりが半端ないんですね。
 

小さな密閉容器1つでも自分の好みではないという理由で、返された経験があります。

また、好きなキャラクターのグッズでも、使わなければあっさり手放す面もある娘。

そんな娘とは、ここ1年ほど音信不通。

時々メールを送ったり電話したり、部屋まで行ったこともありますが、なかなか連絡がつきません。

便りがないのは元気な証拠と、必要以上に心配はしないようにしています。

最近、1年前に娘と会っていた頃に言われた言葉を、ふと思い出しました。

私がミニマリストになりたいと話すと、娘は淡々とこう言いました。

お母さんは何もない部屋は耐えられないんじゃない?

娘の言葉にはビックリしましたが、私もぼんやりとそうかもしれない、と感じました。

おそらく娘は、ミニマリストしぶさんのような部屋を想像したのでは。

それまでマキシマリストだった私が、ものが極限まで減った部屋は居心地が悪いのでは、と思ったのでしょう。

当時の私は、そこまでものを減らしたいと思っていたわけではありません。

ただ、自分にとって必要最低限の量まで持ち物を減らしてみたい、という漠然としたイメージしかなかったんですね。

娘の言葉は、この1年間たまに思い出していました。

そのたびに、自分の目指す部屋のイメージを確認していた気がします。

あれから1年たった今、娘の言葉は見事に外れたなぁと、少し愉快な気持ちで思い出します。
 

今年2019年の7月から始めた全捨離のおかげもあり、12月現在はほぼ不要なものを手放すことができました。

10畳ある部屋の中は大きな家具がかなり減って、がらんとした雰囲気。

f:id:ohitorisamazanmai:20191220125015j:plain

1年前にこういう部屋を目指したわけではないのですが、不用品を手放していったら結果的にこうなったんですね。

50数年間生きてきて、こんなに持ち物を減らしたのは生まれて初めて。

自分でもここまでものが減ったことに、正直驚いています。

と同時に、今の部屋が大変快適だとも痛感。

未だに部屋を見渡すたびに、清々しい気分になります。

1年前、ものがほとんどないミニマリストさんの部屋を拝見した時は、大変な衝撃でした。

その時は私には無理だと思ったのですが、気がつけば私も近い状態。

もし今、娘が私の部屋を見たら、何と言うでしょう。

おそらく今度も淡々と、荷物がだいぶ減ったね、と言いそう。

その光景が目に浮かぶようです。

 

お手数ですが、押していただけると大変喜びます♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ

最後に

何もない部屋は耐えられないんじゃない、という1年前娘に言われた言葉はかなりインパクトがありました。

今思うと、娘の言葉がミニマリストになるモチベーションの一つ、だったのかもしれません。

娘には感謝しなければいけませんね。

今日は娘との思い出話をさせていただきました。