冴島唯月ブログ

50代のおひとりさまです。ミニマリストを目指して片づけ中。

砂糖断ち10か月を達成!私が無理なく続けられた意外な理由。

私は砂糖断ちを始めて、今日でちょうど10ヶ月になります。

その間あまり辛い思いをした事はなく、無理なく続けることができました。

その意外な理由についてお話ししたいと思います。

   

砂糖の弊害

f:id:ohitorisamazanmai:20190401120627j:plain

まず、砂糖の弊害について簡単にご説明します。

砂糖を摂りすぎると、ビタミンB群やカルシウムが不足します。

これは摂取した糖分を消化するために、ビタミンB群やカルシウムが必要になるからです。

それによってウツや冷え性、骨粗しょう症などになりやすくなり、老化も促進させるようです。

また、過剰に摂取した糖分がタンパク質と結びついて、老化物質を作り出してしまいます。

このように砂糖の摂取はあまり体に良くありません。

私の実践する砂糖断ち

次に、砂糖断ちについてもご説明します。

砂糖断ちと言っても、人それぞれやり方が少しずつ違うようです。

ここでは、私の実践する方法を紹介します。

私が実践する砂糖断ちは白砂糖、グラニュー糖、てんさい糖、きび砂糖、黒砂糖などの砂糖を一切摂りません。

砂糖はすべて断捨離しました。

それ以外では、パンは砂糖が入っていることが多いので、砂糖断ちを始めてからはあまり食べなくなりました。

ですが、全く甘いものを食べないわけではありません。

私は砂糖そのものが良くないと信じているので、砂糖さえ摂らなければいいんですね。

私が砂糖断ちを始めたのは昨年から目の具合が悪いからです。

目には毛細血管が張り巡らされています。

砂糖を摂ると血液がドロドロになりやすいと言われており、その血管が詰まったら大変なことになります。

少しでも目の状態を改善したい一心で、思い切って砂糖断ちを始めました。

徐々に回復していたのですが、今年に入ってから無理をして目の具合がまた悪くなってしまいました。

その後はできるだけ目を休ませるようにしているので、それ以上悪化しないで推移しています。

これは砂糖断ちして目の状態がかなり改善されていたおかげで、これくらいで済んだと感じています。

砂糖断ちを続けられた理由

私も以前は砂糖の入ったお菓子が大好きでしたが、意外とあっさりやめることができました。

それには2つの理由があると考えています。

目の状態を改善するため

まずなんといっても、私の目の状態が良くないので必死だったんですね。

あまり詳しくは書きたくないのですが、本当に無理ができない状態でした。

なので、砂糖断ちを始めた頃はかなり切羽詰まっていました。

目が見えなくなっては困ります。

その事態だけはどうしても避けなければいけません。

そのために固い決意で砂糖断ちを始めました。

意外と苦にならない

もう一つは始めてみてわかったのですが、砂糖断ちを続けていると、2週間ほどであまり砂糖の入ったものが食べたくなくなります。

それまで好きだったケーキを見てもおいしそうとは思うものの、食べたくはなくなりました。

これはとても意外でした。

と同時に、砂糖の強い中毒性を痛感しました。

あまり食べたくならなければ、続けるのは案外楽なんですね。

砂糖断ちというと大変な努力をしているように思われるかもしれませんが、実は全然そんな事はないんです。

とても楽に続けることができています。

マイルール

砂糖以外の甘いものは食べる

私は砂糖以外の甘いものはよく食べています。

砂糖断ちが無理なく続けられるのは、そのおかげも大きいんですね。

私がよく食べているのは、ドライいちじくやドライデーツなどのドライフルーツや、ほし芋、蜂蜜などです。

f:id:ohitorisamazanmai:20190401122315j:plain

f:id:ohitorisamazanmai:20190401122331j:plain 

ドライフルーツや干し芋の話はよろしかったらこちらの記事をご覧ください。

www.yamanoyume.com

www.yamanoyume.com

また、私が砂糖断ちしている詳しい内容も、よろしかったらこちらの記事をご覧ください。

www.yamanoyume.com

例外

例外も設けています。

自発的に食べたいと思う事はあまりないのですが、たまにお付き合いでケーキを食べることがあります。

f:id:ohitorisamazanmai:20190401113952j:plain

それも自分に許可しています。

楽しく食べられるのならそれに越したことはありませんよね。

私の場合は月に1度あるかないかなので、あまり影響はないと考えています。 

砂糖断ちの方法

砂糖断ちをする際に、私は基本的に一切摂らない方法を選択しました。

私は目の具合を少しでも早く良くしたいという、切羽詰まった事情があったのでそうしています。

でもいきなり砂糖を摂らないのは、なかなか難しい方も多いのではないでしょうか。

それならば、仕事がない週末だけや夕方以降は摂らないなど、部分的に取り入れても効果があると思います。

実際に部分的な実践をされている方でも効果があるという報告があります。

また、砂糖依存性になっている場合は、すぐにはやめられないようです。

そのような自覚がある方は少しずつ減らしていくのが良いようです。

 お手数をおかけしますが、押していただけるとうれしいです♪

にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ

最後に

私は目の健康のために10ヵ月ほど砂糖断ちを続けてきました。

必要に迫られてのことですが、意外と楽に続けることができています。

砂糖は様々な弊害を引き起こすと言われています。

もし体の不調を改善したいなら、砂糖断ちをおすすめします。

よろしかったらぜひ実践なさってください。