ミニマリスト三昧

夫と死別した50代ミニマリスト。全捨離を実践して人生が変わってきました。

『HERS3月号』で服のミニマル化を提案?シーズンレスな白Tシャツ!

最近、 雑誌『HERS(ハーズ)』がミニマリストを意識しているとしか思えない私。

 最新の『HERS3月号』には、季節を選ばないアイテムを増やして衣替えしない提案が。

中でも一番気になったのは白Tシャツ。

自分のワードローブを振り返りつつ、白Tシャツをもっと積極的に取り入れる方法を考えてみました。

今日は、服のミニマル化が進みそうな白Tシャツについて、ご紹介したいと思います。  

  『HERS3月号』に感じるミニマリズム

昨年『HERS』がインテリア特集した時も、ご紹介したことがあります。

ファッション誌だと思っていたのに、ミニマルな暮らしについて情報発信していたのが意外だったからです。

今回購入した『HERS3月号』にも、ミニマリストを意識した記事を発見。

f:id:ohitorisamazanmai:20200302122523j:plain

それは『新調する服 増やしたいのは「衣替えしない服」』という特集。

私はミニマリストになってから服の数が少なくなり、衣替えの必要はほぼなくなりました。

私の場合は服の数が少ないだけですが、『HERS3月号』ではもっと根本的な方法が提案されているんですね。

3シーズン、あるいは1年中着られるシーズンレスアイテムに注目した記事です。

ここ数年の暖冬や長い夏の影響で、衣替えのタイミングが難しくなってきましたよね。

その影響で、長く着られることが、服を購入する条件の1つになってきているとか。

私は昨年のミニマリストオフ会で、スタイリストさんにミニマリストが増えていることを実感。

ふと、この記事も無関係ではないような気がしました。

私の服はシーズンレス?

実は最近、3シーズン着られる服にはとても関心がありました。

1枚の服をできるだけ長く着たほうが、服の数を減らせるし節約にもなるかなと。

ここで、私の手持ち服をアイテムごとに見ていきますね。

1、コートなどの上着類

 

f:id:ohitorisamazanmai:20191129101048j:plain

私は白の魔法使いエリサさんの影響で、この冬からトレンチコートを3シーズン着るチャレンジを開始。

もう1枚ウールのコートを持っているのですが、できるだけトレンチコートを着るようにしていました。

その結果、今年は暖冬のせいかトレンチコートは冬でも十分着られると実感。

今後ウールのコートも大事に着ますが、傷んだらトレンチコートだけで冬を乗り切る予定。

春秋はもちろん冬も着られるトレンチコートは、ミニマリストの強い味方になりそうです。

それ以外のカーディガンやパーカ、半袖ベストも夏以外は着られると思うので、3シーズンシーズンOKでは。

 2、ボトムス

この春から、ボトムスはデニムワイドパンツ2本を着回すことにしています。

無印良品のデニムワイドパンツは1年中着られるので、まさにシーズンレスアイテム。

f:id:ohitorisamazanmai:20190629201610j:plain


ギャップの白デニムワイドパンツも、冬以外の3シーズン着られるはず。

f:id:ohitorisamazanmai:20190523093656j:plain


ボトムスもよく考えたら、既にシーズンレスアイテムでした。

長年デニムパンツを愛用した私には、大変馴染みがあるアイテム。

やはりミニマリストには着慣れた服が一番ですね。

   

ミニマリストのシーズンレスなトップスはやはり白Tシャツ

改めてワードローブをチェックしてみると、トップス以外はいつの間にか3シーズン着られる服ばかり。

私は寒がりなので、冬のニットは当分手放せないと思います。

なので、冬以外の春夏秋の3シーズン着られるトップスについて、考えてみます。

ここで『HERS3月号』が登場。

『HERS3月号』には、おしゃれと定評のある4人の方の白Tシャツが掲載されています。

白Tシャツといっても、デザインやシルエットが多種多様。

白Tシャツの着こなしもかなり上級者だなと。

その一部をご紹介しますね。

・ハイネックなどネックラインにこだわる

・透ける素材の白Tシャツに、あえて黒いキャミソールをインに合わせる

・どんな服にも合わせやすい、ちょっとだけおしゃれなTシャツを選ぶ

 

そんなおしゃれな4人の着こなしの中でも、特に参考になったと思うことが2つあります。

1、冬でも半袖白Tシャツを着る

f:id:ohitorisamazanmai:20190605183034j:plain

記事内で一番気になったのは、冬でも半袖の白Tシャツを着回すこと。

冬といえども、室内は暑いことが多いですよね。

カーディガンやコートの中に白Tシャツを合わせると、温度調節ができるとか。

私は冬のトップスがニットだけなので、たまに暑くて困ることがあります。

汗をかいて、却って風邪をひきそうになったり。

普段から冬のトップスを白Tシャツにすれば、その問題はなくなるなぁと。

半袖のTシャツでも、重ね着すればさほど寒くないのかもしれません。

1年中白Tシャツを着回せたら、服の数をぐっと減らせます。

これはミニマリストにとってかなり魅力的。

今期の冬はそろそろ終わりなので、次の冬にぜひトライしてみたいと思います。

2、白Tシャツを何枚か持つ

f:id:ohitorisamazanmai:20200302123609j:plain

ユニクロの公式サイトからお借りしました

デザインの違う白Tシャツを複数枚持つことも、服のミニマル化には有効では。

私の場合、夏用の半袖Tシャツは現在3枚。

そのうちの2枚は白Tシャツ。

今までも夏は白Tシャツが着たくなりましたが、1年中着るならもう少し増やしてもいいかなぁと。

何ならTシャツは全部白でもいいくらい。

現在、白Tシャツでないブラウスが1枚あるので、着倒したらぜひ検討してみたいと思います。 

f:id:ohitorisamazanmai:20190806102316j:plain

 

半袖白Tシャツにこんな可能性があるとは。

『HERS3月号』は大変ミニマルライフの参考になりました。

今後も『HERS』には注目していきたいと思います。

よろしかったら皆様もぜひ一度ご覧になってみてください。

定価は930円ですが、キンドル版では多少安くなっています。

私はできるだけ目の負担を減らすために紙の本を購入していますが、そうでなければゴミが出ないのでキンドル版がおすすめです。

 HERS(ハーズ) 2020年 3 月号

 

お手数ですが、押していただけたらうれしいです♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ  

最後に

白Tシャツが1年中着回せるというのは、目から鱗が落ちた情報でした。

そうなったら、完全に衣替えの必要がなくなることに。

ぜひ取り入れてみたいと思います。

よろしかったら皆様も参考になさってみてください。