ミニマリスト三昧

夫と死別した50代ミニマリスト。丁寧な暮らしが目標です。

砂糖断ちを一年間続けてみて率直に感じる3つのメリット。

おかげさまで砂糖断ちを始めて6月1日で一年になりました。

今までも節目にはご報告してきましたが、一年ともなると感慨深いものがあります。

今日は、率直に私が感じる3つのメリットについてご紹介したいと思います。

   

砂糖断ちを始めた理由

私が砂糖断ちを始めたのは一年前のことです。

目の具合が悪くなり、知り合いにも勧められた砂糖断ちを始めました。

砂糖はそれまで毎日のように何かしら摂取していましたが、そんなに体に悪いものだとは知りませんでした。

砂糖の弊害

砂糖の弊害は大まかにいうと次の通りです。

砂糖を摂りすぎると、ビタミンB群やカルシウムが不足します。

これは摂取した糖分を消化するために、ビタミンB群やカルシウムが必要になるからです。

それによってウツや冷え性、骨粗しょう症などになりやすくなり、老化も促進させるようです。

また、過剰に摂取した糖分がタンパク質と結びついて、老化物質を作り出してしまいます。

このように砂糖の摂取はあまり体に良くありません。

これは私が2カ月前に書いた以下の記事から引用しました。よろしかったらこちらの記事もご覧ください。

www.yamanoyume.com

無理なく続けられた理由

次に、私が一年間続けられた理由をお話しします。

切羽詰まっていた

一年ほど前に目の具合が悪くなり、このままでは失明するかもしれないと言う状態になりました。

その時にわらにもすがる思いで砂糖断ちを始めました。

人は切羽詰まると続けられるものです。

そのせいか、あれほど好きだったケーキを見ても美味しそうとは思うものの、食べたいと思わなくなるんですよね。

不思議なものです。

砂糖は中毒性があるので、一旦摂らなくなると逆に欲しくなくなるのだと思います。 

ゆるくすること

もう一つ続けられた理由は、あまり厳しくしないでゆるくすることです。

どうしても食べたい時は無理せずに食べてもいいことにしています。

そう思うだけで不思議と食べたくなくなります。

この1年間でケーキを食べたのは数えるほどですが、ほとんどは誰かと一緒にお付き合いで食べています。

1人では本当にあまり食べたいと思わなくなりました。

食べたくなければ砂糖断ちを続けるのはとても楽です。

私が特別努力をしたわけではなく、誰でもそうなのだと思います。

砂糖断ち3つのメリット

f:id:ohitorisamazanmai:20190613182159j:plain

それでは、一年間の砂糖断ちをして感じたメリットについて、お話ししたいと思います。

体重が減る

砂糖断ちのメリットといえば、一般的には体重が減ることではないでしょうか。

確かに、私も一年前に50キロちょうどだった体重が、3キロ減って47キロになりました。

 40代になってから急に痩せにくくなったので、これはある意味ありがたかったですね。

ただ予想以上にやせすぎて、新品の服を手放すことになってしまいました。

詳しい話は、よろしかったらこちらの記事をご覧ください。

www.yamanoyume.com

おなかの張りがなくなった

これは砂糖断ちを始めて早い段階から気づいていました。

それまではよくおなかが張っていましたが、あまり感じなくなりました。

腸の具合が改善されたのでしょう。

おなかが張っていると苦しいですよね。

それがなくなって体が少し楽になった気がします。

穏やかになる

砂糖断ちのメリットで一番うれしいのは、気持ちが穏やかになったことです。

もちろん人間なので怒りがわく事はあります。

ですが、以前ほど尾を引かなくなりました。

また50代後半の私は更年期がそろそろ終わる頃でもあります。

その影響もあるのかもしれませんが、以前ほどイライラすることがなくなりました。

想定外のことが起こってもまぁなんとかなるか、と思えるようになったんですね。

私にとってはこのことが意外で、 一番うれしい効果でした。

砂糖、特に白砂糖をとると急激に血糖値が上がり、精神的に不安定になりやすいと聞きます。

その急激な血糖値の変化がなくなったおかげかなと考えています。

あまり変わらなかった事

目の具合

砂糖断ちを始めた目的である目の具合は、よくも悪くもなっていません。

これは一年間ブログを書き続けて目を酷使した割には、良い結果だと思っています。

これ以上悪くならないように今後も気をつけたいと思います。

肌の状態

砂糖断ちで肌がきれいになるとはよく聞きますが、私の場合は残念ながら目立った変化はありませんでした。

ちょうど昨年の秋から肌断食を並行して始めたこともあり、期待していたんですね。

肌断食をしていても冬の間は変わりませんでした。

3月になって急に顔の表面がカサカサし始めました。

そのために肌断食は先月から止めて、今は落ち着いています。

1年前と比べて肌の状態は良くも悪くもなっていない感じです。

私の場合はよほど肌が弱っていたのか、一年間の砂糖断ちでは肌がきれいになったとは言えませんでした。

もっと長く続ければ効果が現れるかもしれません。

デメリット

デメリットはあまりないのですが、あえて挙げるならケーキを選ぶ楽しみがなくなったことぐらいでしょうか。

以前は甘いケーキが大好きでした。

でもそれは食べることが好きというよりも、リラックス効果を求めていたような気がします。

ケーキを食べてほっと一息つくことが精神的に必要だったのでしょう。

今はドライフルーツや砂糖が入っていないジャム、ほし芋などで充分代用できます。

もう砂糖は私にはあまり必要ない気がしています。

 

私は砂糖以外にも10年ほど前から肉食を止めています。

食生活に関してはゆるいベジタリアンです。

私が10年間もそういった食生活を続けてきた理由は、よろしかったらこちらの記事をご覧ください。

www.yamanoyume.com

 (この中にミニマルライフのヒントがたくさんあります)
断捨離シンプル&ミニマムな暮らし

お手数ですが、押していただけるとうれしいです♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ

最後に

おかげさまで砂糖断ちを一年間続けることができました。

目のためには続けるしかなかったのですが、案外楽にできたなぁというのが正直な感想です。

砂糖断ちで気持ちが穏やかになったことは自分でも意外でした。

これからもできる限り続けたいと思います。

よろしかったら参考になさってください。